3年越しの夢を叶えに@燕岳② 2014.12.27(土)~30(火)


f0344554_16021875.jpg
3年越しの夢を叶えに@燕岳①』からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2015-01-03 17:05 | 登山 2014 | Comments(2)

3年越しの夢を叶えに@燕岳① 2014.12.27(土)~30(火)


f0344554_21393733.jpg
燕岳(つばくろだけ)は、飛騨山脈にある標高2,763 mの山で、夏場のシーズン中には大変多くの登山者で賑わう大人気の山です。
いわゆる表銀座の玄関口としても有名です。

それなりの標高差のある行程とはなりますが、山頂付近に燕山荘という大規模な山小屋があり、登山道の危険箇所が少なく、比較的簡単に素晴らしい展望を得ることが出来るために初心者や山ガールには特に人気の山となっています。

しかし、それも全て夏場でのお話です。

冬季ともなれば、まず冬季ゲートが閉じられるために登山口までの13kmの長い長い林道歩きが待っています。
また、冬季北アルプスですから天候が味方しなければ登頂成功率は著しく下がり、大変厳しい山へと変貌します。

私も夏場の登頂は数回行なっておりますが、冬季は今回が初めてです。
ここ3年、年末には必ず計画を立ててきましたがクリスマス寒波の名残に阻まれ、この日までチャンスがありませんでした。

今回は、そんな3年越しの夢を叶えるために訪れた厳冬期燕岳へのレポとなります。

尚、私達のトライした翌日、お亡くなりになられた方がいらっしゃいました。
報道された以外にも、この燕岳に於いて、数多くの事故が発生したとの事です。

ご冥福をお祈りします。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2015-01-02 23:00 | 登山 2014 | Comments(2)

雪がたっぷり硫黄岳② 2014.12.20(土)~21(日)


f0344554_16263670.jpg
雪がたっぷり硫黄岳①からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2014-12-23 14:50 | 登山 2014 | Comments(2)

雪がたっぷり硫黄岳① 2014.12.20(土)~21(日)


f0344554_16253272.jpg
南八ヶ岳の最北端に位置する硫黄岳(2,760m)は、雪山入門に適した山であると言われています。

ベースとなる赤岳鉱泉(2,210m)との標高差も少なく、一般道に於いてはテクニカルな箇所が存在しません。
また、多くの登山者が入山している為、ルートロストのリスクが低いのです。

ただ、硫黄岳は八ヶ岳の中でも最も風が強い場所であると言われています。
雪山においてこの風は非常に危険であり、あっという間に低体温症、凍傷となります。
私も過去何度か体が浮かぶような、、、いえ、実際に浮かんだり、吹き飛ばされた経験があります。

今回はそんな硫黄岳に、雪山初心者K嬢と登ってまいりました(^^)



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2014-12-23 12:44 | 登山 2014 | Comments(2)

まさかのノートレース&ラッセル祭り@天狗岳② 2014.12.13(土)~14(日)


f0344554_07371565.jpg
天狗岳①からの続きとなります・・・。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2014-12-18 11:50 | 登山 2014 | Comments(2)