2018年 06月 20日 ( 1 )

白砂青松ここに極まれり①@離山 2017.07.08(土)~09(日)



f0344554_19555078.jpg
離山(はなれやま)は、南アルプスの藪山の中で最も難易度が高いとされている、標高2,307mの山である。

地蔵岳(鳳凰山)の北側へ派生した尾根上の離山は、北側からⅤ峰・Ⅳ峰・Ⅲ峰・Ⅱ峰・Ⅰ峰(最高点)・山頂からの山群で構成されており、各々のピーク間に鋭いギャップを有している。
ザイルで確保すべき通過点は数多く、藪山に対する知識と経験は当然の事ながら、十分な体力と最低限のクライミング技術が必要となる、総合力を試される難峰である。

今回の登攀に使用したのは、石空川精進ヶ滝の駐車場付近から北の尾根を登り熊小屋を経由する、累積標高差約2300mの難ルートだ。
当然の事ながら登山道などは存在せず、ネット上の記録も僅かしか存在していない。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2018-06-20 07:30 | 登山 2017 | Comments(1)