爽快バリエーション@阿弥陀岳南陵~中央稜 2017.09.03(日)



f0344554_20040364.jpg
タイトルにバリエーションなどと謳ったからだろうか。
時々古い記事が上位になることがある。
おそらくは、ガチな岩屋さんが覗きに来てガッカリして帰って行くのだろう。

過去の阿弥陀南稜の記事へはこちらからどうぞ。





f0344554_20040869.jpg
今回も薄っぺらな内容だ。
何故なら、運があり勘が冴えていれば技術と努力は無用の長物、夏山装備は百均で十分、それなりに長い経験は全て自己流のでたらめ山行の積み重ねという我々の記録だからである。



f0344554_20040989.jpg
相棒は三倍速のSくんだ。

車を出してもらい船山十字路での前入りを行った。
夜にはエロ本配達人のSさんの襲撃を受けて、短くも楽しい時間を過ごした。

05:10、船山十字路を出発する。



f0344554_20040934.jpg
f0344554_20040999.jpg
目指すは阿弥陀岳。
南陵で上がり中央陵を下る。
いずれもバリエーション扱いのルートである。

まだ薄暗い林道を進み、小さな道標を目印に取り付きへと向かう。



f0344554_20040841.jpg
f0344554_20041342.jpg
05:20、やや強い斜度を登るとすぐ尾根に乗った。



f0344554_20041778.jpg
バリエーションとは言え、ここはかつての一般道。
現在も利用する登山者が多いことに加え、林業関係者の入山も少なく無いことから、一般道となんら変わらぬ明瞭な登山道がある。
このルートがバリエーション扱いとされるのは、山頂直下に核心部があるからに他ならない。



f0344554_20041362.jpg
登山道脇には地権を示す札がいたるところにある。



f0344554_20041300.jpg
f0344554_20041241.jpg
f0344554_20041672.jpg
ある標高までは、登山道の両サイドに針金が張られており、侵入禁止を示す無数の警告板が設置されている。
監視用のテントなどもあり、山中は物々しい雰囲気だ。



f0344554_20041769.jpg
ここまでして守ろうとしているのは松茸だ。



f0344554_20041751.jpg
f0344554_20041632.jpg
邪な考えが頭を過ったそんなものには全く興味の無い我々は、潔くまっすぐに伸びた登山道で上げて行く。



f0344554_20042006.jpg
この日は互いによく足が出た。
最初のピークを踏むのに、さほどの時間はかからなかった。



f0344554_20042059.jpg
f0344554_20042057.jpg
06:30、立場山(2370m)。
範囲は狭いが眺望が得られる。



f0344554_20042168.jpg
梢越しに見えているのは、ギボシ~権現岳~旭岳。



f0344554_20042499.jpg
やや視線を戻せば、仙丈ヶ岳~甲斐駒ヶ岳~北岳が手放しで美しい。



f0344554_20041916.jpg
たまらないねぇ~。



f0344554_20042471.jpg
f0344554_20042520.jpg
進行方向も抜けるような秋空だ。
澄んだ青色の下には目指す阿弥陀の稜線がスッキリと黒い。



f0344554_20042441.jpg
06:40、立場山から少し進むと最初のお楽しみが現れた。



f0344554_20043063.jpg
広い八ヶ岳において、一際特異なのがこの青ナギの景観だろう。
見慣れぬ確度からの阿弥陀岳に向かい、Sくんが喜びいっぱいに進んで行った。



f0344554_20043094.jpg
f0344554_20043184.jpg
f0344554_20043146.jpg
Sくんの後を追い、私も浮かれ気分で砂礫の際を通過する。



f0344554_20043077.jpg
今日は大当たりだね。



f0344554_20043487.jpg
f0344554_20043451.jpg
f0344554_20043490.jpg
青ナギを抜けると再び短い樹林帯が現れる。
急登で150m程上げると遮るものが無くなった。



f0344554_20043512.jpg
f0344554_20043393.jpg
f0344554_20043790.jpg
07:20、無名峰ピーク。
キレット~ツルネ~権現岳と続く稜線の向こうに見つけた富士の姿が嬉しい。

岩稜歩きに備えヘルメットを装備した。



f0344554_20043718.jpg
f0344554_20043849.jpg
f0344554_20044370.jpg
素晴らしい展望に幾度となく、つい足が止まる。
その都度、山に撮らされた。



f0344554_20044336.jpg
左右に南陵と御小屋尾根。
それら顕著な尾根に挟まれているのが、やや不明瞭な中央稜だ。



f0344554_20044377.jpg
f0344554_20044409.jpg
f0344554_20044320.jpg
足元のトウヤクリンドウに近づく秋を知らされた。
爽やかな気持ちで稜線を行く。



f0344554_20044783.jpg
f0344554_20044852.jpg
そして何度も振り返る。
歩いた分、標高を上げた分だけ、見えるものが増えて行く。



f0344554_20044866.jpg
f0344554_20044713.jpg
それが嬉しく、また、山に撮らされる。
こんな日は前を見ているだけでは勿体ない。



f0344554_20045121.jpg
f0344554_20045131.jpg
岩稜ピークは全て基部で巻いた。



f0344554_20045290.jpg
次に振り返ったとき、この景色はどう変わるのか。
期待を胸に核心部へと向かう。



f0344554_20045253.jpg
f0344554_20045147.jpg
やや足場の悪いトラバースで僅かに下り、核心部となるP3ルンゼを這い上がる。



f0344554_20045735.jpg
f0344554_20045728.jpg
積雪期には緊張を強いられる核心部と呼ばれるこのルンゼも、無積雪期には次の展望を演出してくれる一枚の扉に過ぎない。
危なげなくこれを登る。



f0344554_20045812.jpg
笑顔で扉を開け放つと、期待以上の爽快感が五感に飛び込んだ。



f0344554_20045890.jpg
f0344554_20045707.jpg
残す行程はあと一つ。
あの岩を登ればそれはある。



f0344554_20050199.jpg
f0344554_20050141.jpg
f0344554_20050261.jpg
青空に向かうと、この日初めて聞く登山者達の声が降ってきた。



f0344554_20050222.jpg
f0344554_20050173.jpg
08:30、阿弥陀岳(2805m)登頂。



f0344554_20050509.jpg
少しガスが増えてしまってはいたが、阿弥陀岳は十分な展望を与えてくれた。



f0344554_20050554.jpg
f0344554_20050542.jpg
重厚な南八ヶ岳の峰々。
遠方の峰はその全てが青く見えた。



f0344554_20050615.jpg
f0344554_20050579.jpg
編笠山~権現岳の上に浮かぶのは南アルプスだ。



f0344554_20051184.jpg
バリエーションを専門としているのだという妙齢の女性パーティーと楽しいひとときを過ごした。
当ブログの事をメモして下さっていたが、ここまで記事が遅れてしまえば読んでもらえる事は無いのだろう。

大変遅くなってしまいましたが、楽しい時間をありがとうございました。



f0344554_20051105.jpg
さあ、降りようか。



f0344554_20051237.jpg
f0344554_20051082.jpg
御小屋尾根で降りるのだという女性パーティーとは分岐までご一緒することになった。



f0344554_20051524.jpg
f0344554_20051569.jpg
素晴らしい日に登れたね。



f0344554_20051581.jpg
f0344554_20051550.jpg
f0344554_22315928.jpg
中央稜へ向かう。



f0344554_20051463.jpg
では、またどこかで!



f0344554_20051878.jpg
f0344554_20051954.jpg
f0344554_20051928.jpg
中央稜に乗り替えた。
時々道迷いがあるようだが、晴れてさえいればご覧の通り道型は明瞭だ。



f0344554_20051803.jpg
登りで使った南稜がやがて目線の高さとなった。
センターのやや右寄りに青ナギが見えている。



f0344554_20052395.jpg
途中から尾根を外して谷筋で降りる。



f0344554_20052332.jpg
急降下が続き、稜線はあっという間に見上げる高さとなった。



f0344554_20052333.jpg
f0344554_20052338.jpg
f0344554_20052604.jpg
大岩を巻くように下げると等高線は緩くなる。



f0344554_20052718.jpg
f0344554_20052701.jpg
やがてあの札が再び現れ、山行の終わりが近いことを教えてくれた。



f0344554_20052725.jpg
f0344554_20052659.jpg
ところがその直後ルートをロストした。

しかし適当に進んで行くと清流にぶつかり、これが取付き付近を流れる沢なのだと気がついた。
冷たい水が実に心地よく、緑のシャワーを浴びながら休憩をとった。

再び歩くことがあれば、同じようにルートを外して立ち寄りたいと思える美しい場所だった。



f0344554_20053048.jpg
11:20、下山完了。
休憩込みで6時間程と行程は短いが、変化に富んだ素晴らしい山行だった。
阿弥陀岳を静かに楽しみたい方へはイチオシのルートである。



f0344554_20053100.jpg
f0344554_20053198.jpg
山麓は蕎麦の花期を迎えていた。

つい先程までいた阿弥陀岳は既にガスの中。
タイミングにも恵まれた山行だった。



f0344554_20053006.jpg
南アルプスをバックに一枚撮って帰路につく。
午前中の内に高速に乗り、無論渋滞にハマることも無く帰宅することができた。

気の合う仲間との山は実に楽しい。
ましてや、相手の歩きに不安が無いとなればなおのこと。
ソロへのこだわりが無くなったのは、この頃だっただろうか。


おしまい。

人間嫌いでは無いが他人への関心は薄く、積極的に関わりたいとは思っていない。
近寄る相手を疑心暗鬼のフィルター越しに見ることも怠ったことがない。
成功者のサクセスストーリーには虫ずが走るし、「失敗は成功の母」などと、他人が作ったトンチを恥ずかしげも無く座右の銘にしているような薄っぺらな輩とは一切関わらないように心掛けている
中でも、笑顔で近寄ってくる初見の人間などは、最も忌み嫌うべき気色の悪い存在だ。
他人の感情に興味の無い私にとって、当事者のみが辛いはずの出来事を、火事の対岸から悲痛な演出と共に読み上げるニュースキャスターなどは、胡散臭い詐欺師の元締めにしか思えない。
今ではテレビもつけなくなった

こんな私にも、最近は山を通じて多くの友と呼ぶべき存在ができた。
中でも、バイアスのかかった山域で出会った相手ともなれば、その波長は驚くほどに一致しており、なんら気兼ねすることなく付き合うことができる親友であるとさえ、勝手に思い込んでいる自分がいることに驚いている。
これまでの人生を振り返ってみても、最も良友に恵まれているのが今であることは、微塵も疑う余地は無いのだろう。

もちろん、相手の本心などわかるはずもない。
けれど、同じ気持ちであってほしいと願える相手が増えたとは、良いことなのではないだろうかと最近は思うようにもなってきた。
他人との距離をとることで、そんな存在を増やさぬよう努めてきたのは、喪失への恐怖感からだったのかもしれない。
彼らと過ごす明るい時間が、そんな想いを凌駕するようになったのだ。

私の中で育て上げた私自身、大勢の友の目に映る私というたくさんの個人達、その何れもが、本当の私であると言うことができるだろう。
本当の自分を一番理解していないのは、案外私自身なのかもしれない。
そんな考えが胸にストンと落ちると、なんだか心が軽くなった。

ならば少しでも好かれたい。
けれど肩肘張ること無く、ありのままで良いのかもしれない。
随分と遠回りをしてきたが、答えは実にシンプルだったのである。

体力はすっかり衰えてしまったが、心はまだやり直す、否、育てることさえできるはすだ。

山は人を育ててくれる。
山が好きな理由、山に登る意味が、ようやく少し解り始めた。


今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。

↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2018-11-07 22:28 | 登山 2017 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋風薫る鳳凰小屋①@鳳凰三山 ... 人生節目の初登頂②@富士山 2... >>