西丹沢の白き輝き①@矢駄尾根~檜洞丸~蛭ヶ岳~風巻尾根 2017.05.20(土)



f0344554_21241001.jpg
人気の丹沢山塊において、山歩きに慣れた登山者に好まれるのが西丹沢だ。
主要エリアと比較した場合、公共機関でのアクセスは極端に悪く、複雑な地形を縫うようにつけられた登山道は長く険しいものが多い。
また、名物を提供するような有人小屋も無く、急峻な尾根を登り終え、ようやく辿り着いた頂はどこか控えめである為か、すれ違う登山者もさほど多くは無い。

しかし普段は静かな西丹沢が、登山者達で賑わう季節が二回ある。
一つは言わずと知れた錦の頃、もう一つは、シロヤシオが白い影を落とす喜びの季節である。

この時期になると、あの白い花に会いたくなる。
八紘嶺に代表される有名山域が頭に浮かんだが、故郷の山がやはり一番気になった。





f0344554_21241560.jpg
丹沢山塊のシロヤシオと言えば、檜洞丸(ひのきぼらまる)だ。
昨年は当たり年であったが、今年はどうだろうか。

尚、「洞」(ぼら)とは沢を意味しており、未だ正確な測量が行われていないため、地図により標高のブレる風変わりな一座である。



f0344554_21241549.jpg
お馴染みの神之川ヒュッテにやってきた。
身支度をしていると、人の良さそうな渓流魚券売りの親父さんに話しかけられた。
故郷の話に季節感を伴えば、自然と親しみが湧き饒舌となる。
すっかり話し込み、楽しいひと時を過ごした。



f0344554_21241570.jpg
05:40、ゲート(標高550m)を通過する。



f0344554_21241603.jpg
舗装路を少し進むと矢駄尾根(ヤタ尾根)の取り付き点が現れる。



f0344554_21241468.jpg
f0344554_21241909.jpg
目印となる指導標に色々と書かれてはいるが、要は「丹沢屈指の急登だ。」と教えてくれている。
シロヤシオの季節であっても、私はこれまで人に出会ったことが無い。



f0344554_21241999.jpg
神之川ヒュッテ起点の蛭ヶ岳への周回は、CT11.0h、累積標高差2050mの山と向き合うことのできる静かな一般ルートである。



f0344554_21241944.jpg
f0344554_21241912.jpg
故郷の山域ではあるが、丹沢の全てが好きな訳ではない。
いわゆる表からのルートは二度と歩くことは無いだろうと思っているし、改めて踏んでおきたい頂も無い。



f0344554_21241838.jpg
f0344554_21242298.jpg
f0344554_21242359.jpg
しかしこの西丹沢には無数の登山道や沢があり、比高1000mを超える奥深いバリエーションと美しさに満ちている。



f0344554_21242351.jpg
檜洞丸周辺は、1950年頃までは鬱蒼とした樹木に覆われた登山者を寄せ付けない深山幽谷の聖域だった。

※ヤタ尾根からの数少ない展望地から大室山を望む



f0344554_21242350.jpg
f0344554_21242266.jpg
f0344554_21242606.jpg
f0344554_21242639.jpg
西丹沢に惹かれ続けるのは、当時の匂いの残るところが大きいのであろう。



f0344554_21242771.jpg
f0344554_21242741.jpg
f0344554_21242626.jpg
斜度の強い人工林を詰める。



f0344554_21243026.jpg
標高約1300mで稜線に立つと、尾根は方向を変え自然林となる。



f0344554_21243014.jpg
f0344554_21243129.jpg
広がるブナの森は瑞々しい緑の影を地面に落とす。
山は喜びに満ちていた。



f0344554_21243116.jpg
そしてこの日最初のシロヤシオに出会う。
花の少ない個体ではあったが、実に可愛らしい。

群生地への期待に胸が膨らんだ。



f0344554_21243088.jpg
f0344554_21243444.jpg
f0344554_21243522.jpg
f0344554_21243516.jpg
ハルゼミと鳥の歌声を楽しみながら、明るい広尾根で心地よく標高を上げて行く。



f0344554_21243529.jpg
梢の間から見えた蛭ヶ岳は、まだ呆れるほどに遠い。
※左奥のピーク



f0344554_21243522.jpg
f0344554_21243950.jpg
f0344554_21244007.jpg
熊笹が足元を鳴らすようになれば、熊笹ノ峰は近い。



f0344554_21244027.jpg
今回もあの景色は出迎えてくれるだろうか。



f0344554_21243935.jpg
07:45、清々しい景色が視界一杯に広がった。




f0344554_21244080.jpg
f0344554_20264772.jpg
熊笹ノ峰(1523m)のベンチに腰を下ろし、空と大地とを隔てている、白き山脈の遠望を楽しんだ。



f0344554_21244486.jpg
再び歩き始めるが、変化する展望が気になって仕方がない。



f0344554_20292012.jpg
何度か足を止めていると、ヤタ尾根を登ってきたソロの女性に気がついた。
画になると思いシャッターを切る。



f0344554_21244521.jpg
f0344554_21244510.jpg
f0344554_21244390.jpg
f0344554_21244882.jpg
小ピークを緩く越えると、檜洞丸が見えてきた。
目指す頂へはまだ距離がある。



f0344554_21244810.jpg
f0344554_21244866.jpg
小さなアップダウンを越える。



f0344554_21244977.jpg
f0344554_21244818.jpg
辺りはバイケイソウの群生地でもある。
緑が鮮やかだ。



f0344554_21245277.jpg
丹沢名物の木道階段が現れれば山頂は近い。



f0344554_21245214.jpg
気温の高い日であった。
檜洞丸を越えると、眺望とはしばらく無縁の山歩きとなる。



f0344554_21245379.jpg
f0344554_21245227.jpg
f0344554_21245685.jpg
f0344554_21245616.jpg
午後には霞に飲まれてしまうのであろう峰々を目に焼き付けた。



f0344554_21245781.jpg
f0344554_21245738.jpg
さあ、あと少し。



f0344554_21245642.jpg
f0344554_21250028.jpg
08:45、檜洞丸登頂。



f0344554_21250021.jpg
f0344554_21250186.jpg
西丹沢自然教室から登ってきたと思われるいくつかのパーティーが、静かな山頂を楽しんでいた。



f0344554_21250195.jpg
檜洞丸を別名、青ヶ岳と言う。
その山頂直下、控えめな頂に良く似合う、小さな山小屋が建っている。



f0344554_21245986.jpg
独特なルールがいくつかあるが、青ヶ岳山荘は清潔でとても良い小屋だ。



f0344554_21250591.jpg
ビールを買うオーナーに挨拶するつもりだったが、残念ながら歩荷で留守にしており願いは叶わなかった。



f0344554_21250512.jpg
f0344554_21250510.jpg
f0344554_21250685.jpg
f0344554_21250546.jpg
山荘前のテーブルをお借りして休憩をとっていると、先程のソロ女性がやってきた。
そして顔を見て互いにびっくり。
なんと白谷丸でビールをご馳走してくれたSさんだったのだ。

白谷丸の記事へはこちらからどうぞ。



f0344554_21251122.jpg
聞けば同じルートを辿るのだと言うので、ご一緒させて頂くこととなった。



f0344554_21251116.jpg
次に目指すは丹沢山塊最高峰。
円錐形の蛭ヶ岳は、まだ遥かに遠い。


第二部の記事へはこちらからどうぞ。



今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。

↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


登山ランキング
by yama-nobori | 2018-02-23 20:51 | 登山 2017 | Comments(1)
Commented by ねも at 2018-03-31 11:39 x
お久しぶりです。
この超ロングトレールをさらりと歩きますね。相変わらずの快足!
檜洞は静岡に近いこともあって何度か登っていますが、ツツジ新道、石棚山稜、そして蛭から登る道しか歩いたことないです。
次項でいろいろ書かれていますが、ゆたかさんは十分に山を満喫されているように思います。この山旅でも濃~い山友だちと歩けたり。これ以上となると、山を仕事にするくらいしかなさそうですが、それで今より幸せになるか……
私が言っても説得力ありませんね(笑)。差し出がましいコメント失礼しました。

ところで2月初めに、生涯初のぎっくり腰(涙)、もう若くないと実感しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 西丹沢の白き輝き②@矢駄尾根~... 失われた古道を征く②@四十貝山... >>