火山群の大伽藍①@曲岳~黒富士 2016.06.18(土)



f0344554_23004219.jpg
曲岳(まがりたけ)は、山梨県甲斐市と北杜市に跨る標高1,642mの山である。
茅ヶ岳の近くにある頂上部が東に曲がった山容を眺めれば、改めて山名の由来を調べるまでもないだろう。
東麓には天然記念物に指定されている燕岩岩脈があり、現在でもその名残を見ることが出来る。




f0344554_23004834.jpg
f0344554_23004895.jpg
曲岳は黒富士と結んで歩かれることが多い。
しっかりと歩きたい方は、この二座に太刀岡山と茅ヶ岳を加えれば、日帰り登山としては十分な山歩きを楽しむことができるだろう。

今回は観音峠からのピストンである。



f0344554_23005701.jpg
太刀岡山からの下山後は、平見城の集落を抜け「観音峠」(1373m)へと移動した。

太刀岡山の記事へはこちらからどうぞ。



f0344554_23005628.jpg
13:12、路肩の駐車スペースに車を停めて歩き始める。



f0344554_23005770.jpg
f0344554_23005856.jpg
歩き始めてすぐまずまずの急登が始まった。



f0344554_23005501.jpg
f0344554_23011172.jpg
等高線の間隔が狭く想像以上の斜度がある。



f0344554_23011170.jpg
f0344554_23011283.jpg
やや険しい固定ロープが張られた道が続き、途中小さな岩場を次々に通過する。



f0344554_23011324.jpg
f0344554_23010835.jpg
岩の基部を回り込むと「めまい岩」と呼ばれる岩尾根に乗る。
展望が良いとは聞いていたが、霞が強くなっていたので立ち寄らずに通過した。



f0344554_23012034.jpg
f0344554_23012144.jpg
f0344554_23012337.jpg
危険箇所には固定ロープがあり通過に不安はない。



f0344554_23012461.jpg
f0344554_23011947.jpg
f0344554_23012968.jpg
途中狭い岩の間を通過する。



f0344554_23013315.jpg
気を抜くことのできない下りの岩場などもあり、変化に富んだ登山道が飽きさせない。
危険箇所はこの辺りで終わりとなる。



f0344554_23013473.jpg
f0344554_23013481.jpg
f0344554_23012904.jpg
緩やかに標高を上げる。



f0344554_23014322.jpg
f0344554_23014510.jpg
f0344554_23014551.jpg
程なくして前方が明るくなった。



f0344554_23014229.jpg
あったあった。



f0344554_23015906.jpg
f0344554_23020064.jpg
f0344554_23015929.jpg
13:37、「曲岳」(1642m)登頂。
急登故に所要時間は25分と短い。



f0344554_23020906.jpg
山頂の少し下に「展望舞台」という名の好展望地がある。



f0344554_23020953.jpg
f0344554_23021078.jpg
f0344554_23020876.jpg
南側の展望が開けており、円錐形に尖った太刀岡山が良く見える。
この日は霞んでいたが、スッキリと晴れれば富士山や南アルプスの眺めも良いはずだ。

茅ヶ岳・太刀岡山・曲岳・黒富士は、平見城を取り囲むまさに大伽藍である。
この眺めはなかなか良い。



f0344554_23015827.jpg
少し飛ばしたために少々疲れた。
小休止のあと黒富士へと向かう。


第二部へと続きます。


今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。


↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2016-12-25 20:03 | 登山 2016 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 火山群の大伽藍②@曲岳~黒富士... 黒富士火山群の溶岩ドーム@太刀... >>