ラッセル祭り開催③@天狗岳(奥蓼科登山道~西尾根周回) 2016.01.21(木)~22(金)



f0344554_19275955.jpg
天狗岳を目指す第三部となります。






f0344554_19280226.jpg
f0344554_19281436.jpg
f0344554_19281561.jpg
f0344554_19281491.jpg
6:45、-14℃の黒百合ヒュッテを出発しました。



f0344554_19282249.jpg
昨日訪れた中山峠でその時を待ちます。



f0344554_19282318.jpg
f0344554_19282299.jpg
6:58、御来光を迎えることができました。

ん?
太陽光がおかしな感じになってるぞ?



f0344554_19282349.jpg
f0344554_19282268.jpg
f0344554_19282986.jpg
目指す天狗岳は双耳峰であり、三角点があるのは標高の高い「西天狗岳」(2646m)。
まずはガスの抜けている東天狗岳を目指します。

西天狗のガスもそのうち抜けるだろう。



f0344554_19282969.jpg
f0344554_19283021.jpg
さ、頑張ろう。



f0344554_19282913.jpg
f0344554_19283951.jpg
おおっ!!
やっぱりサンピラー(太陽柱)だ!!

冬季のサンピラーとは、太陽光がダイヤモンドダストに反射し柱状に見える自然現象のこと。
この日は冷え込みましたからねぇ~。



f0344554_19283934.jpg
f0344554_19283971.jpg
f0344554_19283920.jpg
f0344554_19284051.jpg
K嬢の後ろには「にゅう」が良く見えていました。



f0344554_19285259.jpg
f0344554_19285262.jpg
f0344554_19285230.jpg
f0344554_19285236.jpg
西天狗のガスが抜け始めました。



f0344554_19290406.jpg
f0344554_19290543.jpg
f0344554_19290555.jpg
f0344554_19291787.jpg
でも、私は山の姿よりサンピラーに夢中。



f0344554_19290535.jpg
f0344554_19290447.jpg
f0344554_19572154.jpg
ゆっくりと標高を上げて行きます。
ピッケルは意味を成さない雪質だったので終始ストックで登ります。

さあ森林限界だ。



f0344554_19291725.jpg
f0344554_19294291.jpg
f0344554_19291644.jpg
標高が高くなるにつれ、徐々に広がる北八ヶ岳方面。
昨日登った中山展望台を見下ろせる高さになりました。



f0344554_19294909.jpg
f0344554_19294923.jpg
f0344554_19294946.jpg
f0344554_19295025.jpg
やや斜度が強くなりますが、距離は短く危険箇所はありません。
風も強い時で15m/s程度。

ルートさえわかっていれば、トレースが無くても手軽に登ることのできる実に良い山です。



f0344554_19294959.jpg
f0344554_19295915.jpg
f0344554_19295935.jpg
f0344554_19300082.jpg
頑張れ、頑張れ!



f0344554_19300000.jpg
f0344554_19295909.jpg
f0344554_19301410.jpg
天狗の鼻が近づいて来ました。
東天狗の山頂は、あの岩塔のすぐ向こう側です。



f0344554_19301579.jpg
f0344554_19301506.jpg
よし、西天狗のガスが完全に抜けました。



f0344554_19301527.jpg
f0344554_19301449.jpg
f0344554_19302332.jpg
天狗ノ奥庭との分岐を過ぎれば山頂はもうすぐ。

K嬢お疲れかな?
がんばれ、あと少し!



f0344554_19302361.jpg
f0344554_19302341.jpg
f0344554_19302309.jpg
f0344554_19302343.jpg
天狗の鼻を巻くと山頂標が見えてきました。



f0344554_19303353.jpg
f0344554_19303393.jpg
f0344554_19303304.jpg
歩を進めるにつれ、男性的な東天狗岳とは対象的な、ずんぐりとした山容の西天狗が青空に映えて行きます。



f0344554_19303216.jpg
f0344554_19304144.jpg
8:47、「東天狗岳」登頂おめでとう!!

これで一緒に登ったのは3度目になるね。
それにしても、ここはいつきても風が強いなぁ。

少し写真撮りたいから先に進んでいていいからね。



f0344554_19304049.jpg
f0344554_19305054.jpg
南八ヶ岳。
f0344554_19305888.jpg
f0344554_19305185.jpg
西天狗岳。
今年はまだまだ雪が少ないね。
f0344554_19305064.jpg
f0344554_19305873.jpg
中央アルプスと乗鞍岳。
f0344554_19305113.jpg
浅間山。
f0344554_19305198.jpg
北八ヶ岳もようやく白くなってきましたね。



f0344554_19305795.jpg
f0344554_19304155.jpg
-15℃+15m/sの風。
さすがに夏用のグローブでは指先が冷えてくるようになりました。
今シーズン初めての冬季用グローブを装着。

さあ、K嬢を追いかけようか。



f0344554_19310671.jpg
f0344554_19310752.jpg
f0344554_19310747.jpg
鞍部に降りてくると風が嘘のようになくなりました。

K嬢元気になったね。
寒かったのかな?



f0344554_19310708.jpg
f0344554_19310616.jpg
f0344554_19311765.jpg
鞍部~西天狗岳、ここからの景色はいつきても最高だ。
東天狗岳までで戻ってしまう人が多いけれど、私は西天狗岳の方が好きなんです。



f0344554_19311783.jpg
f0344554_19311705.jpg
f0344554_19311764.jpg
贅沢な景色だね。



f0344554_19311776.jpg
f0344554_19312429.jpg
さあ、あとひといき。



f0344554_19312501.jpg

f0344554_19314529.jpg
よぉ~し、頑張った。



f0344554_19313036.jpg
f0344554_19313057.jpg
f0344554_19313045.jpg
9:30、「西天狗岳」(2646m)登頂おめでとう!!

それにしても雪が少ないね。
例年なら山頂標の頭が少し見える程度なんだけれど・・・。

さて、360°のパノラマを楽しんだら、雪だらけの世界に突入してみようか~!!
本番はここからだ~!!



最終章へと続きます。


今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。




↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2016-01-28 06:36 | 登山 2016 | Comments(2)
Commented by らは at 2016-01-28 08:08 x
西天狗を滑ってみたい!変態(笑)です。いつも記事楽しみにしています!

Commented by yama-nobori at 2016-01-28 10:36
らはさん、コメントありがとうございます!

そうですか、変態さんなんですね。
最近そのような方に非公開のコメントを多く頂戴するようになりましたw
何か惹きつけてしまう匂いでも出ているんでしょうか。

確かに西天狗岳でのBCはまだ見たことがありません!
まずまずの距離が滑走可能なんじゃないでしょうか(^^)

変態に幸あれ!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ラッセル祭り開催④@天狗岳(奥... ラッセル祭り開催②@天狗岳(奥... >>