①初秋の立山エリアを満喫して来ました♪ 2014.09.13(土)~15(月)


f0344554_14575863.jpg
まとまった休みが無いと、なかなか行くことの出来ない立山エリアをテン泊で満喫してきました(^^)






f0344554_14564423.jpg
神奈川-東京-埼玉-群馬-長野-新潟-富山と走り続け、ヘロヘロになりながら無事いつも通りの車中泊の体制へ。
しかし、片道440kmは会社帰りに走る距離じゃないなぁ・・・。ツカレマシタ

それでも頑張ったおかげで一番良い場所に駐車出来ました。
明日からは秋の三連休、きっと高速渋滞、そして駐車場の争奪戦もかなり白熱したものとなるのでしょう。

おやすみなさい・・・。



f0344554_14564403.jpg
立山(室堂)へ入山するには、黒四ダムで有名な長野県の扇沢駅と、富山県の立山駅からの2つのルートが一般的です。

我が家から扇沢までは240km、立山までは440kmです。
扇沢まででであればグッと距離が短くなりますが、複数の乗り物を乗り継がなければならず、その度に荷物の積み替え、徒歩での移動、そして待ち時間とチケット購入の手間が発生します。
そして高額です。

ところが、立山駅側からであれば乗り物代金は約半額で済みますし、乗り換えは1回のみ。
長野側のような詰め込みも行われないので快適に座っていられますし、臨時便が臨機応変に稼働します。
極めつけはチケットのWeb予約が可能で、事前の購入が行えるのです!!

結果、今回も時間的にも金銭的にも有利な富山側からの入山となりました(^^)

ギリギリまで寝て、7:00発のケーブルカーに乗り込みました。


f0344554_14564434.jpg
f0344554_14564497.jpg
ここのケーブルカーには貨車が連結されていて、10kg以上の大きな荷物はそちらに積み込まれます。
約7分乗車すると美女平駅に到着。
ここから先はバスに乗り換え室堂を目指します。


f0344554_14564416.jpg
f0344554_14564424.jpg
f0344554_14564471.jpg
案内がきちんとしているので、とてもスムーズに乗り換えることが出来ます。
並んでいると荷物券(10km以上)を売りに来てくれますから、わざわざ買いに行く必要はありません。

尚、ペットボトルとヘルメットはザックの外付け状態では預かってくれません。
予め外して車内に持ち込むか、ザックの中にしまっておきましょう。



f0344554_14564488.jpg
バスはつづら折りに標高を上げてゆきます。
車窓には素晴らしい景色が広がり始め、眠っている暇がありません。

※写真の山は薬師岳です。



f0344554_14565871.jpg
そして目指す劔岳も姿を現しました。



f0344554_14565818.jpg
8:15、室堂ターミナルに到着です。

前回訪れた時はGW、「雪の大谷」の真っ最中でした。
観光客(外人さんが多い)やバックカントリー、そして登山客とで混沌としておりましたから、この日はかなり空いている印象です。




f0344554_14565892.jpg
ちなみにこの日のヤマテン予報は、15:00以降に「みぞれ、雨、ガス」です。
やはり一般的な予報とはかなり違いますね。

さあ、雪の無い室堂は久しぶり!立山は綺麗に見えるかな?(^^)



f0344554_14565855.jpg
おおー!素晴らしい!
立山玉殿の湧水で給水したら、本日のベースキャンプとなる剱沢キャンプ場を目指して出発します!!



f0344554_14565813.jpg
あの別山乗越を上り、向こう側に降りるイメージです。
別山乗越の左肩に少し見えるのが劔岳です。



f0344554_14565886.jpg
ミクリガ池が綺麗(^^)



f0344554_14565882.jpg
ミクリガ池に立山三山が映ります。

ちなみに、立山という山は存在しません。
右から、雄山(3003m)、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)の3つの峰の総称です。

実はこの時、1日早く入山していた友人が同じ目的地を目指し、あの尾根を歩いていました。



f0344554_14570620.jpg
あまりに景色が良いので見晴らしの良い場所で行動食を食べました(^^)
美味しかったなぁ!



f0344554_14570607.jpg
こちらは、大日尾根にある、奥大日岳(2611m)です。

GWにトライしたものの、雪に苦しみ時間切れで未踏のままです。
できたら登れるといいな~。


f0344554_14570783.jpg
こちらは雷鳥沢キャンプ場、この時点ではまだガラガラですね。

とても素敵なキャンプ場。
近くに温泉がありますし、水が大変に豊富でトイレはなんと水洗!
ペーパーまで流せます。

山に登らないファミリーキャンプにも最適だと思いますよ(^^)オススメ

ちなみにGWの時の様子は、未完記事『立山縦走編』に載せてあります。
見比べると面白いので、景色の対比写真を掲載しようと考えていたのですが時間が・・・。

※後で写真追加&加筆するかもしれません。



f0344554_14570730.jpg
振り返ると、毎度お世話になっている雷鳥沢ヒュッテ(左)とロッジ立山が。
あの雷鳥沢ヒュッテの温泉は最高なんですよ!

登山中にお風呂に入れるって本当に素晴らしい(^^)



f0344554_14570755.jpg
雷鳥沢キャンプ場まで下りてきました。

あまりに快適そうなんで、ここでテントはってまったりしたい衝動にかられましたがまだ歩き始めて1時間も経っていません。
キャンプ場を通りぬけ、目的地、剱沢キャンプ場を目指します。




f0344554_14570753.jpg
ここからは雷鳥坂を上り、別山乗越を目指します。

なだらかに見えますがなかなか登り応えのある登山道です。
テン泊装備ですし、すぐに大粒の汗が流れ始めました。




f0344554_14570605.jpg
振り返ると歩いてきた室堂のルートが確認出来ます。

この箱庭を見下ろすようにして歩く感覚がこのエリアの魅力ですね(*^^*)
積雪期を知っていれば尚の事です。



f0344554_14571415.jpg
鳥の目線で雷鳥沢キャンプ場を見下ろします。



f0344554_14571471.jpg
f0344554_14571593.jpg
11:05、剱御前小舎(2750m)に到着です。

この日はこの辺りの小屋はほとんで満員御礼だったようです。
昨年仲間たちと談笑した休憩室もテーブルや椅子が取り除かれ、布団が敷かれていました。



f0344554_14571556.jpg
剱御前小舎もスルーし、緩やかに標高を下げながら、最初の目的地である剱沢キャンプ場を目指します。



f0344554_14571501.jpg
11:30、まだ空いている剱沢キャンプ場に到着です(^^)
前方にガスが湧いてしまいましたが、目の前には劔岳がどど~んと見える素晴らしいキャンプ場です!



f0344554_14571513.jpg
特等席に設営し相棒の到着を待ちました。




f0344554_14571566.jpg
12:10、無事、相棒と合流出来ました。
今回もよろしくね!


f0344554_14571406.jpg
一緒に特等席(^^)

さて、通常、1日目の行動としてはここで終了するのがベストです。
15:00以降は、雪&雨&ガスの予報ですから尚更です。

しかし、劔岳は鎖場が非常に多く存在する、大人気の百名山。
ツアーや経験の浅い人がガンガン、トライします。
ただ、初心者故、同じ鎖を掴んだり、落石を発生させたり、距離を詰め過ぎたり等々、非常に危険な状態を多く見かけます。
そして大渋滞や事故が発生します。

私はこれらをさける為、敢えて遅い時間に出発する事にしました。

おそらくヘッデンでも下山となるでしょう。
それなりの準備を行い、13:00、劔岳へのアタックを開始しました。


と、とても中途半端なところではありますが、第1部はここまでとなります。
今週はどうにも時間がありません。ゴメンナサイ

今夜から山には向かうんですけれどね(^^;

できるだけ早く続きのレポを書きたいと思いますのでお許しを!!
それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいね(^^)/



↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


登山 ブログランキングへ

by yama-nobori | 2014-09-19 17:05 | 登山 2014 | Comments(2)
Commented by sugishoo at 2014-09-19 23:24
ありがとうございます、
今回は天候も良さそうで、奇麗な写真に成っていますね!
立山は無いんですか、
大昔に観光で大町側から黒四を通り、立山に登ったと思っていました。

今夜、NHKで南アルプス悪沢岳、甲斐駒ヶ岳を放送していました。
北と南アルプスの容相違いが良く解りました。

今週末の山行きも、ご無事である事を願っています。
Commented by yama-nobori at 2014-09-22 14:28
sugishooさん、いつもありがとうございます(^^)

扇沢から乗り物を乗り継ぎ、黒四ダムの観光放水を見たりするのも
楽しいですよね!雄山(=立山とする人もいます)であれば、気軽に
登ることが出来ますね。もちろん天候が良ければですが。

>北と南アルプスの容相違いが良く解りました。

番組では森林限界の違いなどにも触れていたでしょうか?
この差が、私の南アが好きな理由の一つだったりします。

山の番組、お好きなんですねー。
私のHDDレコーダーは、山番組だらけです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ②初秋の立山エリアを満喫して来... 近況のご報告(^^) >>