①南アルプス最南端の3,000m峰を目指す@聖岳 2014.08.30~31


f0344554_13034291.jpg
私は南アルプスが大好きです。

1座1座がとても大きく、深くて特徴的。
百名山への通過点としか認知されていない様な山であっても、素晴らしい秀峰がたくさん。
そして、そこを目指す人達がこれまた素晴らしい。

北アほど洗練された小屋は無いし、登山道の整備もまだまだ。
登山口までのアクセスだってほんとに大変。

でも、南アはこれからもずっとずっと、今のままであって欲しいと思うのです。

今回は、そんな大好きな南アの中でも、とりわけお気に入りの南ア深部、秀峰『聖岳』への山行レポとなります。





f0344554_13025318.jpg
f0344554_13025338.jpg
こちらが一日目のルートと高低グラフになります。
新しい試みなんだけど・・・見難いかな?(^^;



f0344554_13025347.jpg
聖岳をピンで登る場合、通常は長野側登山口である便ヶ島(たよりがしま)からスタートします。
ところが計画を立てようとした数日前、このような情報が入りました。

2014/8/21 【登山関連・重要】易老渡~便ヶ島間 車両通行止め
期 間 平成26年8月18日~平成26年12月上旬…車両通行止
    平成26年12月上旬~平成27年4月下旬…全面通行止

が~ん。来年までダメじゃん。今年も聖岳登れないの??
最悪、北又渡発電所から歩けばいいけど、林道歩きが3時間近く増えるのは辛いよね(T_T)


でもね、実はこれで踏ん切りがついたのです。
静岡側から入山する、ずっとずっと憧れて続けてきたルートがあるのです!

金曜日、いつも様に会社帰りに前入り。車中泊を行います。

しかし相変わらず畑薙第一ダムは遠い。
距離は220kmと大したことはありませんが、高速を下りてからの狭い林道の運転が長いのです。
神経をすり減らし、4時間かけ霧雨の降る沼平ゲートに車を停めました。

まるで登頂したかのようにビールが美味かった(^^)



f0344554_13025353.jpg
10台程停めることの出来る駐車場には、既に7台程の車がありました。
数日前から停められていたようで、誰も乗っていません。

この日の天気予報は曇り時々雨、夕方からは曇り晴れ。

出発予定は5:00でしたが4:30までかなり激しい雨が降り続いていました。
この時点、ここからのスタートは止めて、一度、畑薙ダムの臨時駐車場まで戻り、そこから出る井川観光のバスで聖岳登山口まで移動し、一般的なルートでピストンするサブプランを実行に移そうと考えていました。

靴の水漏れが心配でしたし、予定しているルートはかなりタフ。
おそらく誰にも会いません。
そこに雨や雷が加わったら、正直、危険だと思ったからです。



f0344554_13025420.jpg
ところが表が明るくなると雨があがります。

やった・・・。

これで夢にまで見たあのルートが歩ける。
多少降られても樹林帯に取り付けばきっと大丈夫!

予定通りの5:00、沼平ゲートを越え、林道歩きをスタートしました。



f0344554_13025439.jpg
見えているのはおそらく畑薙山。
あの畑薙山を越えてゆく廃道ルートが存在するらしいんだよな・・・。ぼそ。

稜線のガスが取れ始めたので、天気の好転に期待します。

林道歩きは40分ですが、初めてここを歩ける嬉しさでワクワク(^^)
楽勝です!



f0344554_13034246.jpg
そして、「あれ」が目に飛び込んで来ます。
わかりますか?


f0344554_13034239.jpg
この画質じゃわからないかな?



f0344554_13034280.jpg
これでどう??
中央に何やら細い線が見えるでしょ??




f0344554_13034208.jpg
正体はこちら!
そう吊り橋です。


f0344554_13034232.jpg
全長181.7m、高さ30mの畑薙大吊橋。
ここをどうしても渡ってみたかった(^^)

昔は幅15cmの木製の板だったそうです。
ちなみにここが、『茶臼岳登山口』となっています。

秋には素晴らしい紅葉が見られるらしいので、登山をしない方でも、この橋だけを目的に来ることもお勧めです!



f0344554_13034291.jpg
ものすごく揺れます(^^;
でも楽しかった!!

これでこのルート上、一つ目のイベントが終わりました。
既にかなり満足してます(^^)/

そうそう、橋の真ん中に何者かの「う○こ」が、長く大量に落ちていて避けるのに必死でした(^^;



f0344554_13034205.jpg
さあ、いよいよ登山開始です!
先は恐ろしく長いぞ!頑張ろう!



f0344554_13034251.jpg
しかし、いいよなぁ~、この森の感じ。
そして誰も居ないトレイル。

ただいま!南アさん!


f0344554_13034716.jpg
おおっ!ここは何人かのレポで見たトラバースですな。

井川山岳会さん達のお陰ですっかり整備されていますね。
ありがとうございます!

しばらくはこのような不安定な場所や、頻繁に起き続けている落石の合間を縫って通過するような場所もありました。



f0344554_13034714.jpg
そしてここも来てみたかった場所の一つ。



f0344554_13034767.jpg
6:17、「ヤレヤレ峠」到着です。

今回登りだったのでヤレヤレしませんでしたが、下りだったらヤレヤレでしょう。
ここで一休み。



f0344554_13034750.jpg
ここからは一度標高を下げます。
このルート、最後までアップダウンの繰り返し。

1日目の実測値はこんな感じ。

上り:約2,624m
下り:約1,294m

ね、山頂目指してるはずなのに半分近く下ってる(笑)


f0344554_13034738.jpg
でもルートは変化に冨んでいて全く飽きません。



f0344554_13034702.jpg
それに水が豊富なので携行する水は僅かで済みます。

が、こんなに水が汲めると思わなかったので2.5L担いで行きましたが(^^;
この教訓は次回に活かします。



f0344554_13034701.jpg
f0344554_13034675.jpg
このような吊り橋がたくさん出てきます。
それなにり揺れるのでなかなかスリルがありますが、畑薙大吊橋の後なのでノープロブレム。



f0344554_13035120.jpg
しかし、標高がほとんど上がりません。
こりゃーこのルート、精神的にも長そうだ(^^;



f0344554_13035186.jpg
何年かかると、こんな風になるんだろう。



f0344554_13035124.jpg
f0344554_13035146.jpg
トレイルは美しいものの、相変わらず緩いアップダウンの繰り返しです。


f0344554_13035174.jpg
登山道には無数の種類のキノコが生えていました。
中には美味しそうなものから、私のような素人が見てもヤバイと思われる、こんなのとか。
キノコ狩りが好きな人ならこの時点で袋いっぱいの収穫になったことでしょう。



f0344554_13035190.jpg
7:08、標高1、180m、無人の「ウソッコ沢小屋」に到着です。

沼平ゲートが標高960mですから、2時間歩いたのに220mしか登っていません。
うげぇ~(笑)


f0344554_13035142.jpg
ここまでは、さほど疲れていないので先を急ぎます。
すると、やっと本格的な上りとなりました。



f0344554_13035515.jpg
なかなかしんどい。
「ガンバレー!」が嬉しい(^^)



f0344554_13035579.jpg
f0344554_13035513.jpg
次の目標が数字で出てくると嬉しいー!



f0344554_13035507.jpg
この横窪峠を過ぎた後はかなり下ります。
またか~、もったいないなぁ(T_T)


f0344554_13035581.jpg
f0344554_13035677.jpg
8:20、標高1,650m「横窪沢小屋」到着です。

小屋の中は大変綺麗で小屋番さんはとても親切。
今シーズンはこの日を最後に小屋閉めとのことです。
やっぱり長野側の林道閉鎖が影響しているのかな?

少しおしゃべりをした後、再びスタートです。



f0344554_13035668.jpg
横窪沢小屋をスタートして小雨が降り出しました。

あ~あ。

レインを着こむと暑くてペースが落ちるんだよね。
写真もあまり撮れなくなるし(T_T)



f0344554_13035541.jpg
f0344554_13035956.jpg
うわぁ~ここからの景色、見たかったよぉ(T_T)



f0344554_13040032.jpg
これもこのルート上の名物「倒木ベンチ」です。

コメントが面白い(^^)
かなりヘロヘロになって来たので癒されます。



f0344554_13040016.jpg
f0344554_13040017.jpg
この水場は雨なのに細いですね。

ここだけは、あまり当てにしないほうが良さそうです。
一番、水場宣言している正真正銘の「水場」だったんですけどね(笑)



f0344554_13040067.jpg
f0344554_13040003.jpg
おー急登終わりだって!!
やったね!!

でも他にもいろいろ書いてある。
笑える~(^^)/



f0344554_13040061.jpg
次の目標まであと10分!!
よっしゃ~!!

と、ここで驚くことが!!
今回、このルート上、唯一同方向に向かう人に出会いました。

ソロ女性で私より遥かに大きな荷物。
そして、あっという間に抜かれます。

僅かながらに持っているプライドが、かなり傷つきました(笑)



f0344554_13040478.jpg
あーやっと小屋だ~!!

雨は激しくなります・・・。


f0344554_13040440.jpg
f0344554_13040434.jpg
10:30、標高2、400m「茶臼小屋」に到着です。

こちらの小屋も大変に綺麗でスタッフさんも気持ちがいい!!
売店の品もたくさんあって、コーヒーマシンまで置かれています。

これから向かう、茶臼岳と上河内岳のバッチ、そしてビールを買いました。



f0344554_13040498.jpg
と、ここで見覚えのある女性の顔が。

あっ!!
スタッフさんだったんだー!!

流石の健脚ですねぇ(^^)/



f0344554_13040477.jpg
聖岳方向からこちらに下山する人や、私と同じルートを使う人は、通常この小屋に泊まります。
ましてや長野側が閉鎖になっている今、この小屋には人が集中します。

この日はMAXの60人クラスの予約が入っているとのこと。
ひっきりなしに電話がかかり、厨房では仕込みが急ピッチで行われておりました。



f0344554_13040426.jpg
f0344554_13040420.jpg
この小屋には屋根付きの自炊場、冬季小屋、テントの敷板などが完備されています。
さすがは山岳会運用の小屋ですね、欲しいものが全て揃っています。
それに小屋から10分で陵線に立つことが出来るので、大人気!

小屋を出ると雨が止んでいました。
まずは陵線を目指します。



f0344554_13040408.jpg
陵線が見えました。
分岐を左に向かうと茶臼岳、右は上河内岳~聖岳へのルートとなります。

この分岐にザックをデポし、茶臼岳を目指しました。



f0344554_13041080.jpg
う~ん、ガスガス(T_T)

でもこれまでの雨を考えれば快適そのもの!
涼しい風も吹いているし、やぱっり稜線歩きは楽しいよ(^^)
しかもずっとずっと貸し切りだしね!



f0344554_13041010.jpg
11:15、本日の1座目、標高2、604m『茶臼岳』に到着です!



f0344554_13041068.jpg
小さな標識には「光岳」(てかりだけ)と書かれています。
今度来る時はそっち方向かな(^^)

残念ながらガスは切れる気配が無いので、次なる目標へ向かいます。



f0344554_13041098.jpg
分岐まで戻ると一瞬青空が見えました。
お!これは天候回復か!?と期待しましたが、この後好転することはありませんでした。


さてさて、思い入れの強い南アの最深部。
レポを書き始めると、どうしても長くなってしまいます。

中途半端なところで申し訳ありませんが、第一部はここまでとしますね(^^)
続きをお待ち頂けると嬉しいです。

でも急がないと次の山行が・・・。
あ~忙しいけどBlogって楽しい(^^)



↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


登山 ブログランキングへ


by yama-nobori | 2014-09-03 08:04 | 登山 2014 | Comments(2)
Commented by sugishoo at 2014-09-03 20:54
こんばんは、
畑薙大吊橋が貸し切り状態で、凄いですね!
このダムは大井川の一部ですかね?
登山道は緑が深く、案内板もユニークな手作り感があって笑えますね。
しかし、逆に熊・イノシシ等が心配ではないですか?
釈迦に説法ですか。・・・2部へ行ってきます
Commented by yama-nobori at 2014-09-04 13:44
sugishooさん、こんにちは!

畑薙大吊橋はしっかりとした作りですが、歩く度に上下に揺れまくります。
その揺れに合わせて一歩一歩踏み出すような感じで歩くので、立ち止まったりするとバランスが崩れてドキッとなります。
ですからこの橋は他の人と渡りたくはないですねぇ(^^;

森の熊さんは怖いです。
でも彼らを驚かせているのは我々なんでしょうけれど・・・。
どれほどの効果があるのかはわかりませんが、熊鈴を鳴らして歩いています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ②南アルプス最南端の3,000... 川尻八幡宮の夏祭り 2014.... >>