西丹沢の白き輝き①@矢駄尾根~檜洞丸~蛭ヶ岳~風巻尾根 2017.05.20(土)



f0344554_21241001.jpg
人気の丹沢山塊において、山歩きに慣れた登山者に好まれるのが西丹沢だ。
主要エリアと比較した場合、公共機関でのアクセスは極端に悪く、複雑な地形を縫うようにつけられた登山道は長く険しいものが多い。
また、名物を提供するような有人小屋も無く、急峻な尾根を登り終え、ようやく辿り着いた頂はどこか控えめである為か、すれ違う登山者もさほど多くは無い。

しかし普段は静かな西丹沢が、登山者達で賑わう季節が二回ある。
一つは言わずと知れた錦の頃、もう一つは、シロヤシオが白い影を落とす喜びの季節である。

この時期になると、あの白い花に会いたくなる。
八紘嶺に代表される有名山域が頭に浮かんだが、故郷の山がやはり一番気になった。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2018-02-23 20:51 | 登山 2017 | Comments(0)

失われた古道を征く②@四十貝山~千頭星山~オオナジカ峠~夜叉神峠 2017.05.14(日)



f0344554_22182252.jpg
四十貝山の山頂標を見つけることができず、やや暗い気持ちで歩き始める第二部のスタートです。

第一部の記事へはこちらからどうぞ。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2018-02-12 17:36 | 登山 2017 | Comments(0)

失われた古道を征く①@四十貝山~千頭星山~オオナジカ峠~夜叉神峠 2017.05.14(日)



f0344554_21380079.jpg
1986年10月に開催された「かいじ国体」に合わせ、かつて芦安地区の人達が山や畑仕事に使用していた道が、競技コースとして整備された歴史がある。
しかしその後あまり手入れされること無く廃れてしまい、現在では所謂廃道となっている。

この古道に、地図への記載が無い「四十貝山」(1988m?)はある。
「しじっけえやま」と読むが、山名の由来は不明である。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2018-02-02 22:48 | 登山 2017 | Comments(0)

最初の一歩@城山 2017.05.06(土)



f0344554_14304020.jpg
城山(しろやま)は、神奈川県相模原市緑区にある標高375mの里山である。
同名山が多いことから津久井城山(つくいしろやま)とも呼ばれているが、私にとっての城山は、この一座しか無い。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2018-01-29 22:42 | 登山 2017 | Comments(0)

五月の空へ@本社ヶ丸・清八山 2017.05.05(金)



f0344554_17283195.jpg
大菩薩連峰と道志山系、更に御坂山系の主稜線が重なり合う場所に本社ヶ丸(ほんじゃがまる)はある。
展望に恵まれた明るい一座であり、山頂から望む富士山は実に秀麗だ。
かつて「舟形明神の社」のあったことが、一風変わったこの山名の由来なのだそうだ。

深南部の縦走を二日前に終え、筋肉痛心地よい疲れの中にいた。
深山の余韻に浸りながら残りのGWをのんびりと過ごしたくもあったが、暇を持て余している息子くんが遊びに連れて行けと煩かった。

深南部の記事へはこちらからどうぞ。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
# by yama-nobori | 2018-01-16 22:12 | 登山 2017 | Comments(1)