タグ:秀麗富嶽十二景 ( 7 ) タグの人気記事

秀麗富嶽十二景 扇山 2016.04.25(月)



f0344554_14055306.jpg
扇山(おうぎやま)は、山梨県大月市と上野原市の境にある標高1138mの山である。
西側の百蔵山、北側の権現山とをあわせて郡内三山と呼ばれており、山梨百名山及び秀麗富嶽十二景に選定されている。

百蔵山と扇山は、JR中央本線を使用することで無駄なく縦走することが出来る。
中央自動車道や大月市内から眺めるこの二座は、実に大らかなどっしりとした山容をしており好展望の頂を有する。
アクセスの良さも手伝って、その人気は高い。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-05-09 20:09 | 登山 2016 | Comments(0)

秀麗富嶽十二景 雁ヶ腹摺山 2016.04.25(月)



f0344554_07284134.jpg
雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)は大月市にある標高1,874mの山である。
山梨百名山及び秀麗富嶽十二景に選定されている。

さて、実はこの山、とある事で大変に有名なのである。

例え登ったことの無い方でも、山頂からの景色は多くの方が目にしているはずです。
扉で使用したこの富士の姿に見覚えはありませんか?



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-05-08 23:08 | 登山 2016 | Comments(0)

秀麗富嶽十二景 九鬼山 2016.04.15(金)



f0344554_08001724.jpg
九鬼山(くきやま)は、山梨県都留市と大月市の境にある秋山山稜に位置した標高970mの里山である。
山梨百名山及び秀麗富嶽十二景に選定されている。

この山にはいくつかの桃太郎伝説がある。
一つは「百蔵山(桃くらやま)で生まれた桃太郎は、上野原市の「犬目」で犬を、大月市の「猿橋」「鳥沢」で猿とキジを引き連れ、九鬼山に棲む鬼を退治にやってきた」と言うものだ。
別の話では、「桃太郎が富士に住む十匹の鬼を退治したところ、一匹が岩殿山へ逃げ、残り九匹が田野倉にあるこの山へ逃げ、それが山名の由来になった」とある。

何れにしても人々に愛され、登られ続けてきた里山なのであろう。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-05-08 01:00 | 登山 2016 | Comments(0)

秀麗富嶽十二景 笹子雁ヶ腹摺山 2016.04.15(金)



f0344554_09155482.jpg
大月市には「雁ヶ腹摺」(がんがはらすり)と名の付く峠や山が幾つかある。
名の由来は、渡り鳥であるガンが、腹をこするようにして峠や山を越えていったその様にある。

山としては「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」「雁ヶ腹摺山」「笹子雁ヶ腹摺山」の三座があり、「うしおくのがんがはらすりやま」という山名が日本で最も長い音数であることでも知られている。

今回登ったのは「笹子雁ヶ腹摺山」(ささごがんがはらすりやま)。
標高は1357.7m、山梨百名山及び秀麗富嶽十二景にその名を連ねている。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-05-07 07:34 | 登山 2016 | Comments(0)

秀麗富嶽十二景@高川山 2016.03.08(火)




f0344554_10140531.jpg


先日登頂した御正体山を眺めるため、秀麗富嶽十二景の一座である「高川山」へ登って参りました。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-03-09 20:41 | 登山 2016 | Comments(2)

秀麗富嶽十二景@岩殿山・百蔵山 2016.03.01(火)



f0344554_21422536.jpg

今回は久しぶりに秀麗富嶽十二景を楽しんで参りました。

秀麗富嶽十二景につきましては、前回登った「四番山頂 滝子山」の記事でご紹介させて頂いておりますので、宜しかったらそちらでどうぞ。
(滝子山への記事へはこちらをクリック)




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-03-04 09:11 | 登山 2016 | Comments(0)

寂ショウ尾根~檜平ルート@『秀麗富嶽十二景』滝子山 2015.10.30(金)




f0344554_12321034.jpg
『秀麗富嶽十二景』とは山梨県大月市が選定した、大月市域内の富士山を望む優れた景観がある12の山域(山頂)を指しています。

大月市から見て南南西方向にある富士山が十二単を身につけているように見えるとして、この12の数字をとり十二景が選ばれました。
実際には2つの山頂が1つとして数えられているものもあり、選ばれたのは19峰。
そこに12までの番号がつけられました。
選定されたのは1992年、大月市出身の山岳写真家白籏史朗が中心となって行っています。

ちなみに五百円札の富士山の撮影地として有名な雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)も、この秀麗富嶽十二景に名前をつらねています。

今回はこの『秀麗富嶽十二景』、大菩薩連峰の最南端に位置している4番山頂「滝子山」の山行レポをお届けさせて頂きます。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-11-02 21:38 | 登山 2015 | Comments(2)