タグ:日帰り ( 106 ) タグの人気記事

トレーニングのつもりが...@甲武信ヶ岳 2016.09.10(土)



f0344554_20513751.jpg
甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)は、奥秩父山塊にある標高2,475mの山である。
甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)に跨がることからこの名がついたという説が有力だ。

9月後半にやや大きな山行計画を立てていた。
しかし体が鈍りきっていたため、古巣の山域、奥秩父山塊でのトレーニングを予定した。
無駄な水を10L程担ぎ、廻目平~金峰山~国師ヶ岳~甲武信ヶ岳~武信白岩山~毛木平~廻目平を周回するCT20.h以上、歩行距離40km強の日帰り計画だ。

ゴミ溜めを脱出し、前入りの為に高速を飛ばす。
野辺山が近づき、ふと助手席の足元に違和感を覚えてパニックとなった。

「靴がない...。」

自宅に確認すると玄関に置いてあるという。
その直後、携帯が圏外となった。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-03-25 19:53 | 登山 2016 | Comments(0)

息子くんと行く日光観光③ 2016.08.12(金)~14(日)



f0344554_19552284.jpg
息子くんとの思い出の続きです。

第二部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-03-13 21:07 | 登山 2016 | Comments(2)

息子くんと行く日光観光②@男体山 2016.08.12(金)~14(日)



f0344554_21115230.jpg
男体山(なんたいさん)は、栃木県日光市にある標高2,486mの火山である。
美しい円錐形の特徴的な山容を有し、中禅寺湖北岸に裾野を広げそびえ立つ姿は実に雄大だ。
山自体が信仰の対象となっており、山頂には日光二荒山神社の奥宮が祀られている
対岸の半月山からの眺めが私のお薦めである。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-03-08 20:42 | 登山 2016 | Comments(4)

息子くんと行く日光観光①@日光白根山 2016.08.12(金)~14(日)



f0344554_21503905.jpg
日光白根山(にっこうしらねさん)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山である。
山を「さん」として呼ぶのは、山を人格化して敬愛したことがその元になっていると考えられており、御嶽山・白山・白根山などがその代表である。
日光白根山は関東地方の最高峰であり、これより北・東方向に高い山はない。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-02-28 20:41 | 登山 2016 | Comments(2)

歩きスマホは危険だよ?@高尾山 2016.07.31(日)



f0344554_21523929.jpg
季節・話題性共に、逸脱の激しい記事となります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-02-20 21:11 | 登山 2016 | Comments(0)

再会の深田百名山@丹沢山 2016.07.02(土)



f0344554_21443867.jpg
7月となり新生活が始まっていた。
私は元々、電車に乗るのは年間に2~3回、皇居・国会議事堂・日本橋・東京駅・築地・浅草・原宿・銀座...など、都内の観光地と呼ばれる場所ですら1度しか見たことのない程の、引き籠もりのド田舎東京都民だ。
山でも稜線上に10人も姿が見えればソロなら引き返すし、快晴の槍ヶ岳山荘から穂先に5人程の姿が見えただけで鬱陶しくて下山している程に混雑も嫌いである。
こんな私が人生初の定期券を持ち都内へ通勤するようになると、慣れない職場環境での疲れと重なってすぐさま病んだ。
この日はまだ僅かに1日勤めただけであったのに、早くも山に還りたかったのだ。おっさんハイジのできあがりだ

限られた世界で生活するようになると、出会いの機会はめっきりと減ってくる。
家庭を持ち、ある程度年齢を重ねていれば尚更だ。
職場などで人と接することはあっても、私生活でも行動を共にしたいと思えるような出会いとなれば無きに等しい。

特に私は人見知りな上に協調性が皆無であるので、「友」と呼べるような方との付き合いはほんの一握りしかしていない。
決して人間嫌いというわけでは無いが、八方美人で他人に合わせるのは堪らなく嫌なのだ。
比較的出会いの多い「山」であってもそれは同じで、大抵は後に面倒くさくなり深い付き合いは避けるようになる。
いや、正しくは避けられるようになる。
結局は、協調性の無い自分自身の問題なのだろう。
しかしたちの悪いことに、全くもってそれで良いとも思っている。

こんな私にも、稀に生涯の付き合いになるのでは無いかと思えるような、素晴らしい出会いが訪れる。
今回はそんな友との再会の記事となる。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-01-13 22:55 | 登山 2016 | Comments(2)

フォッサマグナ西縁に立つ@八紘嶺 2016.06.27(月)



f0344554_10500742.jpg
八紘嶺(はっこうれい)は、山梨と静岡の県境、安倍奥にそびえる標高1918mの山である。
白峰山脈から南に派生する稜線上にあり、大谷嶺・山伏と連なり安倍川の源流をなす。
八紘嶺の東面は日本列島を東西に分ける大断層、フォッサマグナ(中央地溝帯)の西縁に当たる。
糸魚川から南下し、松本、南アルプスを経て静岡へと至る「糸魚川-静岡構造線」に沿っては良質な温泉が湧出することから著名な温泉地が多い
2001年に「新倉の糸魚川-静岡構造線」として国の天然記念物に指定された逆断層の露頭を奈良田に向かう途中の早川町新倉で見ることができる。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-01-09 20:30 | 登山 2016 | Comments(0)

安倍川流域の最高峰@山伏 2016.06.26(日)


f0344554_19042927.jpg
山伏(やんぶし)は、山梨県南巨摩郡早川町と静岡県静岡市葵区との境にある標高2014mの山である。
赤石山脈の白峰南嶺へと取り付く起点の山であり、安倍川流域の最高峰でもある。
この山頂には「山伏」「山伏岳」表記の二種類の山頂標識が立てられている。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-01-05 22:18 | 登山 2016 | Comments(2)

火山群の大伽藍②@曲岳~黒富士 2016.06.18(土)



f0344554_21190882.jpg
黒富士(くろふじ)は、山梨県にある奥秩父山地に属した標高1,635mの山である。
近隣の升形山から眺めると、富士山をバックに黒い富士山が並んだように見えることからこの名が付けられた。

曲岳の記事へはこちらからどうぞ。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-12-31 17:15 | 登山 2016 | Comments(2)

火山群の大伽藍①@曲岳~黒富士 2016.06.18(土)



f0344554_23004219.jpg
曲岳(まがりたけ)は、山梨県甲斐市と北杜市に跨る標高1,642mの山である。
茅ヶ岳の近くにある頂上部が東に曲がった山容を眺めれば、改めて山名の由来を調べるまでもないだろう。
東麓には天然記念物に指定されている燕岩岩脈があり、現在でもその名残を見ることが出来る。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-12-25 20:03 | 登山 2016 | Comments(0)