<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

息子くんと行く箱根観光②@金時山 2016.12.03(土)~04(日)



f0344554_19535489.jpg
金時山(きんときやま・きんときさん)は、箱根山の北西部に位置する標高1,212mの外輪山である。
少ない標高差で展望を楽しむことができるため、手軽に山を楽しみたい登山者達からの人気が高い。
金時山北側一帯は総称して足柄山と呼ばれ、金太郎伝説の地としても知られている。

第一部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-30 22:31 | 登山 2016 | Comments(2)

息子くんと行く箱根観光①@大涌谷~芦ノ湖 2016.12.03(土)~04(日)



f0344554_14014352.jpg
息子くんを本物の(?)観光地へ連れて行ったのは、一体いつが最後だったろうか。
混雑した遊園地の乗り物の係員にキレ、ママと幼い息子くんを残して一人で帰って来てしまったあの日で間違いない
箱根に行って、名物の「黒たまご」を食べようかと提案すると「やったぁ~!前から食べてみたかったんだよ!」と息子くん。

よし、良い反応だ。
まあ山にも登るんだけどな。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-28 17:41 | 登山 2016 | Comments(0)

怪石奇岩がご~ろごろ@石老山 2016.10.23(日)



f0344554_20094635.jpg
石老山(せきろうさん)は丹沢山地の北部、道志山塊に属した標高702mの山である。
標高を694mとして紹介しているガイドブックなどもあるが、これは山頂の西にある三角点を指しており山頂の数字では無い。
相模湖の南東の山を総じて石老山と呼び、巨大な奇岩が山道に点在することで知られている。
2015/11/27に皇太子が登り、小さなブームとなったことは記憶に新しい。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-25 21:41 | 登山 2016 | Comments(3)

藪山讃歌【蕎麦粒山~寸又峡】⑤@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水)


f0344554_16270894.jpg
寸又峡へ下山する最終話のスタートです。

第四部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-23 20:34 | 登山 2017 | Comments(6)

藪山讃歌【房子山~三ツ合山】④@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水)



f0344554_20390248.jpg
房子山を出発する第四部のスタートです。

第三部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-21 07:46 | 登山 2017 | Comments(2)

藪山讃歌【黒法師岳~房子山】③@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水)



f0344554_19574604.jpg
黒法師岳を出発する第三部のスタートです。

第二部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-17 22:28 | 登山 2017 | Comments(3)

藪山讃歌【丸盆岳東尾根~黒法師岳】②@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水)



f0344554_21411437.jpg
丸盆岳東尾根から稜線を目指す、第二部のスタートです。

第一部の記事へはこちらからどうぞ。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-13 09:39 | 登山 2017 | Comments(2)

藪山讃歌【寸又峡~丸盆岳東尾根】①@南アルプス深南部 2017.04.30(日)~05.03(水)



f0344554_20065745.jpg
南アルプス光岳以南、2000m級の山群を深南部と呼ぶ。

本州唯一となる原生自然環境保全地域を含み、人為的影響を受けずに今なお原生の姿のまま維持されているこの貴重な山域は、深い谷に寸断された複雑な地形を構成し、それぞれの尾根に幽玄の頂を乗せている。
アプローチは長く、登山道も殆ど整備されていない上に、その多くは藪に覆われている。
体力と経験、読図技術が必須となる、容易に人を寄せ付けることの無い「南アルプス深南部」が、本記事の舞台となる。

久しぶりに満足の行く山行を楽しむことが出来たので、秋冬の記事を飛び越してGWの記事を書くことにした。
冬の記事を早く書けという関係者の方々よ、どうか見逃して欲しい。
日々老化と戦うおっさんの記憶力には限界があり、優先順位付けが必要なのだ。
というか、読んだらたまにはコメントくらい書いてくれ。
2、3分で流し読みしやがって。
これ書くの時間かかるんだぞ(--#)
友達のいない寂しいおっさんの独り言のようじゃないか...まあ老後の楽しみだからそれで良いんだけどねw



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-10 23:10 | 登山 2017 | Comments(5)

牛ノ寝通りから初狩へ③@小金沢連嶺 2016.10.09(日)~10(月)



f0344554_13364922.jpg
白谷丸で朝を迎える第三部のスタートです。

第二部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-09 21:23 | 登山 2016 | Comments(4)

牛ノ寝通りから初狩へ②@小金沢連嶺 2016.10.09(日)~10(月)



f0344554_21020564.jpg
小金沢連嶺を歩き始める第二部のスタートとなります。

第一部の記事へはこちらからどうぞ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2017-05-06 11:16 | 登山 2016 | Comments(6)