<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

身延山久遠寺奥の院①@七面山と敬慎院 2016.06.14(火)~15(水)



f0344554_11015563.jpg
七面山(しちめんさん)は、山梨県南巨摩郡にある標高1,989mの山である。
日蓮宗の総本山である身延山久遠寺の奥の院にあたる霊山であり、山頂に近い平坦地にある敬慎院には身延山を守護する鎮守神として七面大明神がまつられている。
東側には身延山、富士川を隔て天子山地と対峙し、その奥には美しい富士の姿が浮かぶ。
西側には笊ヶ岳を始めとした、赤石山脈南部・白峰南嶺の山々が連なる。

しかし七面山の魅力は、これらの景観からのみ発せられているものではない。
これほどまでに、「ピークハント」「登山」「トレッキング」などの言葉が不釣り合いな「山」は他に無いようにも思える国内屈指の霊山だ。
私と同じ経験をすれば、誰しもがこの山に登ることに「登詣」(とけい)という言葉を用いるようになるはずである。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-22 19:32 | 登山 2016 | Comments(0)

日蓮宗総本山・久遠寺@身延山 2016.06.11(土)



f0344554_10404541.jpg
身延山(みのぶさん)は山梨県南巨摩郡身延町と早川町の境にある標高1,153mの山である。
同地にある日蓮宗総本山久遠寺の山号でもあり、その別名としてもよく用いられる。
3月中旬および10月上旬に見ることのできるダイヤモンド富士や、樹齢400年超の「しだれ桜」で有名な山でもある。
しかしこの山の最も大切な日は別にある。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-19 23:32 | 登山 2016 | Comments(4)

過疎の里山@三石山 2016.06.11(土)



f0344554_12074730.jpg
三石山(みついしやま)は、身延町にある天子山地に属した標高1173mの山である。
山頂部に三つの巨岩があり、この岩から山名がつけられた。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-18 00:21 | 登山 2016 | Comments(0)

安倍東山稜の大展望台@十枚山 2016.06.11(土)



f0344554_21140742.jpg
十枚山(じゅうまいさん)は、山梨県南巨摩郡南部町と静岡県静岡市葵区にまたがる、安倍東山稜を代表する山である。
標高1,726mの上十枚山と、1,732mの下十枚山からなる双耳峰であり、地形図では上十枚山が十枚山となっている。

尚、山頂標には1,719mとの記載があるが、国土地理院発表により平成3年1,726mへ訂正された。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-14 22:57 | 登山 2016 | Comments(0)

町民あげての元日登山@思親山 2016.06.11(土)



f0344554_09333057.jpg
思親山(ししんざん)は、山梨県南巨摩郡南部町にある標高1,030.9mの山である。
南部町には、この山名の由来をうかがわせる二つの話が残る。
「日蓮聖人が身延山で修行した折、この峰越しに故郷房州の父母を偲んだ。」
「お大尽の家で働く小僧が山へ薪取りに行った。秋の景色に見惚れ仕事を忘れて山頂で遊び、日が暮れて家に帰ることができず、親を思って泣いた。」
今でも山頂付近のことを「小僧泣かせ」という。
何れにせよ、優しい響きの素敵な山名だと思う。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-11 17:35 | 登山 2016 | Comments(2)

思いが育てた登山道@篠井山 2016.06.10(金)



f0344554_22460341.jpg
篠井山(しのいさん)は、山梨県南巨摩郡南部町にある標高1394.4mの山である。
富士川の西岸に、どっしりとした山体を横たえたこの山は、南峰と北峰の二つ頂をもっている。
北峰にはお堂と小さな祠が建ち、篠井(四ノ位)大明神が祀られているが、展望は無い。
三角点のある南峰は、富士山はもちろん駿河湾から伊豆半島までを見渡すことができる。
篠井大明神のご神体は諸説ある。
ある天皇の第四子(四之宮)説、歌人で従四位の凡河内躬恒説など。
「しのい」の名はこれらに由来があるという。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-09-06 22:26 | 登山 2016 | Comments(2)