<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

白銀に光り輝く天空の立山④@奥大日岳・浄土山・龍王岳 2016.04.19(火)~23(土)



f0344554_12534500.jpg
休息日を満喫する第四部のスタートです。

More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-28 21:31 | 登山 2016 | Comments(3)

白銀に光り輝く天空の立山③@奥大日岳・浄土山・龍王岳 2016.04.19(火)~23(土)



f0344554_08560463.jpg
奥大日岳の大展望を満喫する第三部のスタートです。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-27 22:48 | 登山 2016 | Comments(0)

白銀に光り輝く天空の立山②@奥大日岳・浄土山・龍王岳 2016.04.19(火)~23(土)



f0344554_00591198.jpg
奥大日岳を目指す第二部のスタートです。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-26 10:32 | 登山 2016 | Comments(2)

白銀に光り輝く天空の立山①@奥大日岳・浄土山・龍王岳 2016.04.19(火)~23(土)



f0344554_12290612.jpg

今回は「立山黒部アルペンルート」全線開通直後(4.16)の立山を満喫して参りました。

毎年恒例としているこの時期の立山通いも今回で6年目となり、煩雑な入山も実にスムーズに行えるようになりました。
その辺りのノウハウは昨年の記事に詳しく書いてありますので、今年の記事と併せて参考にして頂ければ幸いです。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-24 17:26 | 登山 2016 | Comments(0)

武田信玄公誕生之地@要害山 2016.04.11(月)



f0344554_15493000.jpg
要害山(ようがいやま)は、甲府駅のおよそ5kmほど北にある標高787mの山梨百名山に選定された一座である。

武田信玄の父である信虎は、永正17年(1520年)、ここに山城を築いた。
要害山城は武田信虎・信玄・勝頼と三代にわたり使用され、武田氏滅亡後も修築・再整備が行われていたが、慶長5年(1600年)年に廃城となる。

平成3年(1991年)国の史跡に指定され、山頂の本郭跡には「武田信玄公生誕の碑」が建てられている。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-18 08:56 | 登山 2016 | Comments(0)

宿題を終わらせよう@乗鞍岳 2016.04.10(日)



f0344554_21344844.jpg
乗鞍岳は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とした山々の総称である。
国内に21座ある3000m峰の1座であり、19番目の高さを誇る。

私にとっての乗鞍岳は、昨年同時期に挑戦し敢え無く敗退となったいわくつきの一座だ。
遠く南アからも、裾野を広げた大らかで美しい山容をみることが出来る。
この一年間、乗鞍岳を見るたびにあの苦い敗退を思い出し続けていた。

さあ、未踏の3000m峰へ挑戦だ。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-16 22:49 | 登山 2016 | Comments(2)

西尾根バリエーション②@霞沢岳 2016.04.09(土)



f0344554_16400424.jpg

霞沢岳から下山する第二部のスタートです。

(第一部の記事へはこちらをクリック)



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-14 21:30 | 登山 2016 | Comments(6)

西尾根バリエーション①@霞沢岳 2016.04.09(土)



f0344554_16394313.jpg

霞沢岳(かすみざわだけ)は、飛騨山脈南部に位置する標高2,646 mの山である。

常念山脈の最南端にそびえる霞沢岳は、不遇の山であると言われることも多い。
何故なら上高地を訪れる登山者の多くは穂高連峰に目を奪われてしまい、背後にそびえているこの山の存在に気付かないからだ。
深田久弥も後記の中で「日本アルプスで当然選ばれるべき山のひとつだった」と述懐しているのは有名な話でもある。

北アのブランド山には全く魅力を感じない私でも、この歴史ある不遇の山には強い憧れを抱いてきた。
しかし観光客にまみれ、上高地から徳本峠を経由したのでは、静かで山と語り合うような登山をすることは出来ないとも考えていた。
山歩きを始めた頃から憧れている島々宿からのクラシックルート、もしくは今回のバリエーションからの登山こそが、この霞沢岳には相応しいのだと昔から決めていたのである。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-13 09:38 | 登山 2016 | Comments(2)

秋山山系・山梨百名山@二十六夜山 2016.04.06(水)



f0344554_08000141.jpg
二十六夜山は、山梨県上野原市の道志川と大の入川の間の尾根に位置する標高972mの山である。
道志山地にある同名山とを区別するため、秋山二十六夜山とも呼ばれている山梨百名山に名を連ねる一座だ。

倉岳山に登った後は、浜沢を通る国道を挟んだ反対側に位置した「二十六夜山」に登ることにした。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-12 10:25 | 登山 2016 | Comments(0)

秋山山系・秀麗富嶽十二景@倉岳山 2016.04.06(水)



f0344554_07444872.jpg
倉岳山は、山梨県大月市と上野原市の境にある標高990.1mの山である。
秋山山系の最高峰であるこの山は秀麗富嶽十二景(九番山頂)に選定されており、山梨百名山にもその名を連ねる。

倉岳山は稜線西側の同じく九番山頂である「高畑山」とセットで登るのが一般的である。
しかしこの日は生憎時間が無く、向かい側にある「秋山二十六夜山」へも登りたかったので、浜沢地区からのピストンを行った。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2016-04-08 10:48 | 登山 2016 | Comments(0)