<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コンディション最高!八ヶ岳ブルーの権現岳 2015.02.21(土)


f0344554_13171784.jpg
今回はK嬢と二人で、八ヶ岳連峰南部に位置する権現岳に登って参りました。
権現岳は標高2715mの東峰と、2700mの西峰から成る双耳峰で、西峰はギボシと呼ばれています。
今回目指すのはその東峰となります。

権現岳を見るたびに、満月に照らされた姿に畏怖の念を抱いた、あの初登頂の日を思い出します。
以来、かれこれ10年以上通い続けている大好きな1座のレポとなります。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-23 15:22 | 登山 2015 | Comments(12)

厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳④「横岳・下山編」 2015.02.15(土)~17(月)


f0344554_10354019.jpg
第三部『厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳③「硫黄岳編」』からの続きとなります。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-18 13:29 | 登山 2015 | Comments(10)

厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳③ 2015.02.15(土)~17(月)


f0344554_22284047.jpg
第二部『厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳②』からの続きとなります。
※写真をたくさん使用したかったので、今回は「硫黄岳編」として書かせて頂いております。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-17 23:54 | 登山 2015 | Comments(0)

厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳② 2015.02.15(土)~17(月)


f0344554_18462676.jpg
第一部『厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳①』からの続きとなります。





More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-17 20:45 | 登山 2015 | Comments(2)

厳しさと喜びの八ヶ岳@硫黄岳~横岳① 2015.02.15(土)~17(月)


f0344554_16122866.jpg
今回は、なかなか約束を果たせずにいたA嬢と、最近いつもの一緒のK嬢と共に八ヶ岳の硫黄岳を目指しました。
A嬢の目標は冬の唐松岳登頂!
今回の硫黄岳はその前哨戦です!




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-17 17:28 | 登山 2015 | Comments(0)

農鳥小屋と農鳥親父




f0344554_22343381.jpg
Blogの管理者機能を用いると、皆さんが何処からどのようなキーワードで当Blogにおいで頂けているのかを調べる事が可能となります。

実はかなり以前から、「農鳥小屋」「農鳥親父」のキーワードで当Blogにおいで頂けている事は知っていました。
昨年の11月、BS番組でこの小屋が紹介された直後は驚くほどアクセス数が伸び、みなさんが如何に農鳥小屋に関心を持たれているのかを改めて認識しました。

過去、当Blogに書いている農鳥小屋のものはごく最近のもので小屋泊のものではありません。
おそらく皆さんが欲しい情報はほとんどなかったことと思います。

そこで、過去の写りの悪い写真とはなりますが、この小屋のまとめ的なページを作ろうと考えました。
賛否両論のある農鳥親父と農鳥小屋ですが、私は年に数回、親父(深沢さん)と電話でやりとりをすることもあり面識もあります。
ですから、良否の判断は読者様にお任せします。
ただ、情報だけは事実を正しく書かせて頂きます。

今後の白峰三山縦走の情報源になれれば、南アを愛する身としては幸せに思います。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-12 01:04 | 南アルプス | Comments(16)

登山における一眼レフカメラの持ち運びについて


f0344554_12094968.jpg
皆さんは登山中の一眼レフカメラをどのように取り扱っておりますか?

私のメイン機は「CANON EOS 5D Mark III 」ですが、そりゃあもう可哀想なもんです。
土砂降りの雨、-20℃以下の風雪でもそのまま使い続けています。
小屋やテントに入った時の急激な温度変化による結露なんて半端じゃありません。
時には岩にぶつけ、割れたレンズフードは数知れず・・・。

こんなずぼらな私ですが、用意していて良かっと思っているアイテムがあるのでご紹介させて頂きます。





More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-11 13:38 | ギア | Comments(0)

日光氷爆巡り番外編@大谷資料館 2015.02.08(日)


f0344554_20105297.jpg
栃木県宇都宮市大谷町にある『大谷資料館』をご存知でしょうか?

大谷石という栃木県宇都宮市大谷町から採掘される石があります。
耐火性に優れ、加工性の良い軽い大谷石は、あの旧帝国ホテル(F.L.ライト設計)や自由学園明日館にも使用された流紋岩質角礫凝灰岩です。
この資料館は、その地下採掘場跡の巨大な地下空間を見学する為の施設なのです。

本当ならこの日はガッツリ登山の予定でしたが、荒天の為、以前から訪れてみたいと思っていたこの施設に遊びに来ました。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-10 20:52 | 日常 | Comments(0)

日光氷爆巡りその③ 庵滝 2015.02.07(土)


f0344554_15224423.jpg
スッカン沢・雲竜渓谷と続いた日光氷瀑巡りの締めくくりは『庵滝』(いおりだき)となりました。
庵滝は地図には載っていない知る人ぞ知る「氷る秘爆」で、訪れる人の少ない滝の一つとなります。

 ・日光氷爆巡りその①スッカン沢は【こちら】から御覧ください。
 ・日光氷爆巡りその② 雲竜渓谷は【こちら】から御覧ください。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-10 17:41 | 登山 2015 | Comments(5)

日光氷爆巡りその② 雲竜渓谷 2015.02.06(金)


f0344554_09081693.jpg
雲竜渓谷は、栃木県日光市女峰山の中腹にある渓谷です。
厳冬期の数週間、限られた時期にのみ滝が凍り、高さ数十メートルに達する氷瀑や氷彫刻の数々が出現することで知られています。
近年はすっかり有名となり、週末ともなればたくさんのツアーが組まれ大勢の方がここを訪れます。

先日のスッカン沢に続き、今回は雲竜渓谷のレポとなります。

※先日のスッカン沢の様子は【こちら】から御覧ください。





More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-02-10 13:31 | 登山 2015 | Comments(0)