<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

光り輝く蒼と白銀の世界@北八ヶ岳② 2015.01.24(土)~25(日)


f0344554_11195061.jpg
前回『北八ヶ岳①』からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-28 14:02 | 登山 2015 | Comments(4)

光り輝く蒼と白銀の世界@北八ヶ岳① 2015.01.24(土)~25(日)



f0344554_16155014.jpg
今回は北八ヶ岳を中心に遊んで参りました(^^)

ご紹介するのは毎年通っている私の大好きなルートです。
まず雪山入門として絶大な人気を誇る『北横岳』に登ります。
その後は全面凍結した『雨池』をスノーシューで渡り、麦草ヒュッテで宿泊。
翌日は冬季閉鎖中のメルヘン街道(R299)を歩き『白駒池』で遊び、『茶臼山』『縞枯山』を経由して戻ってくる盛り沢山な行程です(^^)



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-27 22:27 | 登山 2015 | Comments(2)

奥鬼怒の秘湯@日光澤温泉 2015.01.17(土)~18(日)



f0344554_16244938.jpg
日光沢温泉は、奥鬼怒温泉郷4湯(八丁の湯・加仁湯・日光沢・手白沢)のひとつです。
この地域は関東最後の秘境といわれ、日光国立公園内の鬼怒川源流域に位置しています。

ここは、以前からずっと訪れてみたいと願い続けていた秘湯中の秘湯です。
今回は、そんな憧れ続けて来た『日光沢温泉』へのスノーシューハイクレポとなります。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-20 12:29 | 登山 2015 | Comments(3)

シモバシラmission complete@高尾山 2015.01.11(日)


f0344554_11421205.jpg
先週失敗に終わってしまった『陣馬山』missionが、どうにも心に引っ掛かかり続けていました。
前日の『蓼科山』疲れがかなり残ってはいましたが、なんとか早起きする事が出来たので、シモバシラmission try againです!





More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-13 12:00 | 登山 2015 | Comments(2)

素敵な即席パーティー@蓼科山&八子ヶ峰 2015.01.10(土)


f0344554_10274980.jpg
蓼科山(たてしなやま)は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,531mの火山で、諏訪富士とも呼ばれる日本百名山の1座です。
その山容は円錐形で大変美しく、八ヶ岳にやってくると最初に山座同定する機会の多い1座となっています。

蓼科山は容易に登ることが可能であるというイメージが強かった為になかなか足が向かず、実は今回が始めてとなりました。

今回はそんな蓼科山と、おまけで登った八子ヶ峰の登頂レポとなります。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-12 12:23 | 登山 2015 | Comments(4)

ミッション失敗@陣馬山 2015.01.04(日)


f0344554_13574682.jpg
シモバシラという植物をご存知でしょうか。
夏場には花も葉も実に地味な草で、その名前を言い当てられる人は少なかろうと思います。
しかしこのシモバシラ、冬には大変身を遂げて一躍有名、まさに時の草となるのです!

冷えた朝、枯れたシモバシラの根元からは、茎中の水が凍って外へと伸びだします。
そして、氷彫刻の霜柱が生まれるのです。
一度霜柱が出来た茎は、その構造が壊れてしまうので、一年にたった一度だけ冬の花を咲かせます。
「シモバシラ」の名の由来でもあります。

この霜柱は高尾山~陣馬山のものが有名で、大勢の方が見学に訪れます。
発生する条件としては、寒波で急激に冷え込んだ朝となりますが、中でもその年の最初の寒波直後のものが見事だとされています。

地元では、12月に入り市街地温度が0℃になる最初の朝が良いと言われています。





More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-05 14:57 | 登山 2015 | Comments(2)

日帰り蛭ヶ岳へのアプローチ@釜立沢ルート(青根ルート)


f0344554_21025024.jpg


『登り始めは故郷の山へ@蛭ヶ岳』で書いた通り、日帰りでの蛭ヶ岳登山は大倉などの主稜線を辿ったルートの場合、その行程の長さからとても困難なものとなります。

今回ご紹介させて頂くのは、蛭ヶ岳を最短ルートで登ることが出来る青根地区からのアプローチとなります。
分岐が多く大変迷いやすので、備忘録としてまとめさせていただきました。
お役に立てるようなら幸いです。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-04 20:59 | 登山 2015 | Comments(0)

登り始めは故郷の山へ@蛭ヶ岳 2015.01.03(土)


f0344554_12013580.jpg
新年あけましておめでとうございます。

昨年から綴り始めた、この自己満足なBlogですが、今ではすっかり生活の一部となりつつあります。
時には驚くような上位ランクとなっていたりして、読んでくださっている方がいるのかと思うとなんだか不思議な気持ちにもなります。
そしてとてもとても嬉しく感じております。

これからも遊びに来て頂けますと幸いです(^^)
本年度もどうぞよろしくお願い致します。


さて、2015年の登り始めは蛭ヶ岳となりました。
蛭ヶ岳(1,673m)は神奈川県の最高峰であり、私の故郷の山です。
行き先に困るとここを登ることが多く、過去最も足を運んでいる山だと思います。

一般的に登られる丹沢主稜線からの蛭ヶ岳は、その行程の長さから日帰りが困難であると言えます。
私が利用するのは、少しマイナーな青根からの最短ルートで、急登とはなりますが片道CT4.5と短時間での登頂が可能となります。
ちなみに今回は3時間10分での登頂となりました。

登山口や駐車場情報が少なく、頻繁に質問を受けるので、別ページに道順を示します。




More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-04 19:25 | 登山 2015 | Comments(4)

3年越しの夢を叶えに@燕岳③最終章 2014.12.27(土)~30(火)


f0344554_18033228.jpg
燕岳②からの続きとなります。

More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-03 19:34 | 登山 2014 | Comments(2)

3年越しの夢を叶えに@燕岳② 2014.12.27(土)~30(火)


f0344554_16021875.jpg
3年越しの夢を叶えに@燕岳①』からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2015-01-03 17:05 | 登山 2014 | Comments(2)