<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪がたっぷり硫黄岳② 2014.12.20(土)~21(日)


f0344554_16263670.jpg
雪がたっぷり硫黄岳①からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-23 14:50 | 登山 2014 | Comments(2)

雪がたっぷり硫黄岳① 2014.12.20(土)~21(日)


f0344554_16253272.jpg
南八ヶ岳の最北端に位置する硫黄岳(2,760m)は、雪山入門に適した山であると言われています。

ベースとなる赤岳鉱泉(2,210m)との標高差も少なく、一般道に於いてはテクニカルな箇所が存在しません。
また、多くの登山者が入山している為、ルートロストのリスクが低いのです。

ただ、硫黄岳は八ヶ岳の中でも最も風が強い場所であると言われています。
雪山においてこの風は非常に危険であり、あっという間に低体温症、凍傷となります。
私も過去何度か体が浮かぶような、、、いえ、実際に浮かんだり、吹き飛ばされた経験があります。

今回はそんな硫黄岳に、雪山初心者K嬢と登ってまいりました(^^)



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-23 12:44 | 登山 2014 | Comments(2)

まさかのノートレース&ラッセル祭り@天狗岳② 2014.12.13(土)~14(日)


f0344554_07371565.jpg
天狗岳①からの続きとなります・・・。


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-18 11:50 | 登山 2014 | Comments(2)

まさかのノートレース&ラッセル祭り@天狗岳① 2014.12.13(土)~14(日)


f0344554_13574594.jpg
今回は先日の金峰山メンバーで天狗岳に登ってきました。

さて、この日の天気予報は強い風雪。
高層天気図を見ると、確かに500hPaで-30℃以下の寒気が入り、翌日には-36℃が下りてくる強い冬型の気圧配置を示しています。
二人共、雪山は初心者だったので、どうしようかとも思いましたが、ルートは完全に頭に入っていましたし7割は樹林帯、また、エスケープルートがいくつも選択出来るので決行することとしました。

ちなみにこの天狗岳は、彼女達と初見で登った山で、とても思い入れがあるのです(^^)


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-16 16:01 | 登山 2014 | Comments(2)

忘年会な週末 2014.12.05(金)~06(土)


f0344554_15393749.jpg
早いもので、もうこの季節がやってまいりました(^^)/
みなさんは楽しましれましたか?
胃腸の調子は如何でしょう?

※今回の記事は全てスマホの画像となります


More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-09 16:28 | 日常 | Comments(2)

貸し切りの大展望@木曽駒ヶ岳② 2014.11.29(土)~30(日)


f0344554_16123545.jpg
木曽駒ヶ岳①からの続きとなります。



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-04 15:00 | 登山 2014 | Comments(6)

貸し切りの大展望@木曽駒ヶ岳① 2014.11.29(土)~30(日)


f0344554_15525453.jpg
木曽駒ヶ岳は標高2,956m、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰であり、日本百名山にも選ばれている名峰です。
私にとっての中央アルプスは、今年の夏に歩いた木曽駒~空木岳縦走以来、2度目の山域となります。
尚、最近行動を共にしている相棒こと「てっちゃん」とは、この時に出会ったんですよ(^^)

この山を目指すには、バスとロープウェイを利用したアクセスが最も一般的なものとなります。
まず中央自動車道の駒ヶ根インターチェンジから2kmにある「菅の台バスセンター」からバスに乗り込みます。
その後「しらび平駅(1661.5m)」まで進み、駒ヶ岳ロープウェイに乗り換え、一気に「千畳敷駅(2,611.5m)まで進み、徒歩で山頂を目指すのです。

千畳敷駅から木曽駒ヶ岳山頂までは、たった1.5h程度の短い山行となります。
登山としては、これだけではあまりにも行動時間が短いので、今回は木曽駒ヶ岳の先にある、西駒山荘の冬季小屋に泊まることを計画しました。
西駒山荘は、新田次郎著『聖職の碑』で有名な将棊頭山(2,730m)直下にある小屋で、こちら方向から見る木曽駒ヶ岳が素晴らしいのだと相棒から聞かされ楽しみにしていました。

尚今回は、以前平ヶ岳で出会ったA嬢との再会、そして、そんな彼女の記念すべき冬山デビューのレポにもなっております(^^)



More 本文はこちらからお願い致します・・・
by yama-nobori | 2014-12-02 11:50 | 登山 2014 | Comments(2)