【ダイジェスト版】大無間山・大根沢山(北東尾根明神谷周回)



f0344554_20491117.jpg
大無間山(だいむげんざん)は、赤石山脈深南部にある標高2330mの山である。
深南部の雄と称されるこの山は実に大きく、標高以上に良く目立つ存在だ。

少し前の週末、大無間山と大根沢山とを合わせ明神谷の周回を行ったので、ダイジェスト版でお送りさせて頂こうと思います。





f0344554_20492336.jpg
富士見峠へやって来ると「ただいま。」という気持ちになる。
新静岡ICから1台の車とも擦れ違うことは無かったが、いたるところでカモシカを見た。



f0344554_20492375.jpg
翌朝白樺荘から快晴の空の下を歩き始める。
茶臼岳の稜線に心が躍る。
下部の紅葉は見頃を迎えているようだ。



f0344554_20492426.jpg
f0344554_20492497.jpg
明神橋の袂にある巡視路から小無間山北東尾根へと取り付いた。



f0344554_20492254.jpg
巡視路の足場はすぐに消滅。
脆い砂礫の急登を這うように登った。



f0344554_20492929.jpg
尾根に乗ると朝陽に出迎えられた。



f0344554_20152818.jpg
送電線鉄塔の下まで登って来るとようやく展望が得られた。
仁田岳・茶臼岳・上河内岳が青空に映えており、思わず笑みがこぼれた。



f0344554_20493069.jpg
f0344554_20492885.jpg
森は色彩の洪水だ。


f0344554_20493159.jpg
f0344554_20494422.jpg
樹林帯の美しさと静けさが南部の魅力だろう。
南アルプスは森林限界以下が面白い。



f0344554_20494534.jpg
1805mピークを過ぎた崩壊地からは、田代ルートのP4~P1、鋸歯を見ることができた。



f0344554_20494685.jpg
木々の間から時折見える小無間山は、眼前に高く聳え立ったままで容易に近づいては来なかった。



f0344554_20494683.jpg
急登に喘ぎ、ようやく到着した小無間山に展望は無い。



f0344554_20494333.jpg
ここでカメラがトラブルを起こす。
以降スマホでの撮影となった。



f0344554_20495159.jpg
小無間山からはシラビソの美林が広がるようになった。



f0344554_20263404.jpg
少し進むと唐松谷ノ頭で再び視界が開けた。
目指す大無間山はまだ遠く、そして大きい。



f0344554_20495292.jpg
歩を進め、大無間山側から唐松谷ノ頭を望む。
左の小ピークである小無間山を見て、ようやく進んでいることを実感することができた。



f0344554_20495316.jpg
悪沢、赤石、聖、上河内、茶臼、イザルガ、光岳。
手前の尾根が下山に使用する大根沢山北東尾根だ。



f0344554_20495314.jpg
池口岳の双耳峰の向こうには、未踏の水窪山域が続いている。
明神谷を挟んで聳え立つ大根沢山が呆れるほどに大きかった。



f0344554_20495199.jpg
体調が悪く随分と時間をかけ大無間山に立った。



f0344554_20044020.jpg
立派な三角点だ。
南アルプスに於いては、甲斐駒ヶ岳・赤石岳・黒法師岳、そしてこの大無間山の四座だけに一等三角点が設置されている。

余談ではあるが、国内最高度にある一等三角点は、標高3120mの赤石岳である。



f0344554_20495768.jpg
大無間山からはやや不明瞭となりコンパスを当てた。



f0344554_20495853.jpg
f0344554_20495929.jpg
やがて深南部らしい鹿道の走る笹原が現れた。
崩落地の際からは寸又三山の1つ朝日岳が、闊達な頂を空に立てている素晴らしい風景を見ることが出来た。



f0344554_20500000.jpg
f0344554_20495712.jpg
予定していた場所よりかなり手前で体力が切れた。
しかしこれが思いがけず大当たり。

結果この山行一番の展望地、三方嶺で幕営することになったのだ。



f0344554_20500651.jpg
GWに歩いた深山幽谷の稜線が美しく伸びている。
あの日と同じように鹿達は稜線に遊び、風は笹原を渡っているのだろうか。



f0344554_20500762.jpg
寸又川左岸林道まで落ちている崩落地の先には、大根沢山。
その向こうには光岳~イザルガ、そして聖岳の姿があった。



f0344554_20143249.jpg
未踏の風イラズが近い。


f0344554_20500887.jpg
f0344554_20501052.jpg
翌日は強風予想。
やや稜線を外し幕を張る。

池口岳の見える我が家の玄関に大満足だった。



f0344554_20501535.jpg
明け方の気温は3℃。
カサカサとフライをならしていたのは雪だった。



f0344554_20501508.jpg
強風の中、何箇所も現れる崩落地の際を進む。



f0344554_20501641.jpg
大根沢山へ到着した時には疲労困憊。
当初、信濃俣を通り光岳を目指そうなどと考えていた自分が恥ずかしくなった。



f0344554_20501758.jpg
f0344554_20502385.jpg
下山ではリボンに引き込まれルートをロスト。
復帰にはかなりの時間と体力を消費した。

最後の最後には無理やり降りようとした尾根の末端で法面に捕まり、生きた心地がしなかった。



f0344554_20502545.jpg
下山後は赤石岳避難小屋の榎田さんと浴びるほどの酒を飲んだ。



f0344554_20502103.jpg
f0344554_20502234.jpg
翌日は山友のお店で廃道談義に花を咲かせ、楽しい時間を過ごした。

素晴らしい山に素晴らしい山友達。
南部の楽しみ方が更に増えた素晴らしい三日間だった。


それにしてもダイジェスト版ですら10日遅れとは....。
相変わらず平日は無気力、休日は全て山。
まあ仕方ありませんな( ̄∇ ̄)



おしまい。


↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2017-11-14 06:57 | 登山 2017 | Comments(4)
Commented by sen230727 at 2017-11-14 23:02
優さん、ご支援ありがとうございました。11月3日、深田百名山を終えて無事帰宅しました。大無間の挑戦、10日前と言えばこの頃になりますが?。今年の山旅に出る前、何かの画面で【トレッキングコース難易度】を見ました。ランク1位、レベル評価98が大無間山でした。2位、北岳~間ノ岳でレベル91。南アルプスでは4位、
聖岳でレベル87次いで5位が塩見岳でレベル82となっていました。評価は人により違うと思いますが、此の山
は別格です。何カ所も崩壊で登山道が無い!このような山は、評価の対象にすべきで無いと思うのですが。
私には、大無縁山です。榎田さんとは、小屋閉め前と平地で乾杯でしたか?羨ましい限りです。
体調不良(アルコール消毒で完治したと思います)とカメラの故障直りました?
Commented by ねも at 2017-11-17 08:35 x
相変わらず濃~い、深~い山歩きですね。さすが!
この3連休は久々の山日和でした。10月は週末のたびに悪天候で(>_<)、それでもゆたかさんは歩いていたの!?
榎田さんのお顔もありがとうございます。
Commented by yama-nobori at 2017-11-17 20:26
> sen230727さん

ありゃ~帰られてしまったのですね!!
お会い出来ずに本当に残念です。
来年はどのようなお考えですか?滝・花・道....などなど挑戦されるのでしょうか。
冬の間に今までの山行記録を整理されて、ブログでも書かれてみては如何でしょう。
どんな旅をされていたのか興味津々です!!

大無縁山とはうまい!w
榎田さんとはつい先日も一緒に山にも登りましたよ!
これから先、頻繁にお付き合いさせていただくこととなりそうです(^^)

お察しの通りアルコール消毒で完治!!
カメラは未だ入院中です...(T_T)
Commented by yama-nobori at 2017-11-17 20:28
> ねもさん

この日はすんごい風でした!
強い冬型が入りましたもんね。
でも標高が高めだったのでマイナスにはなりませんでしたよ(^^)

先日、榎田さん&ちえこさんと山にも登りました。
毎週のように静岡に通っておりますわw
どこかでお会い出来るかも!?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< なごり雪①@権現岳 2017.... 古の谷川岳を目指して③阿能川岳... >>