酒池肉林②@赤岳鉱泉 2017.01.21(土)~22(日)



f0344554_22171686.jpg
まさに混沌、第二部のスタートです。

第一部の記事へはこちらからどうぞ。






f0344554_22172612.jpg
食堂に上がってくるとテーブルの上にそれはあった。
赤岳鉱泉名物、ステーキ様の登場である。



f0344554_22172527.jpg
f0344554_22173197.jpg
記憶は断片的だ。

しかしこいつの顔を見る限り抜群に美味かったのだろう。
ただでさえ高かったメンバーのテンションは最高潮となったようだ。




f0344554_22172764.jpg
きょんぼーとともちゃんが、またしてもお盆いっぱいのビールを運んできた。

似たような写真が3枚あったので、おそらく40本近くは売上に貢献したのだと思われる。
自前でも相当な数を歩荷してきていたので酷い酒飲み集団だ。



f0344554_22172666.jpg
こっちでは知らない人を巻き込んで盛り上がっている。



f0344554_22172568.jpg
f0344554_22173034.jpg
何度目かわからない乾杯が続く。
きっとこの写真を撮影した人間も、同じように笑顔全開なのだろう。




f0344554_22173121.jpg
f0344554_22173243.jpg
この顔...w

これがこの冬、赤岳鉱泉スタッフの間で語りぐさとなった「ひどいパーティー」の主犯格の顔である。
なんて目をしてるんだ。

我々のテーブルは、やや隔離された食堂の一番奥だった。
スタッフさんの隔離政策強い意志を感じてならない。




f0344554_22173061.jpg
f0344554_22173568.jpg
撮るならちゃんと撮ってくれ。



f0344554_22173570.jpg
f0344554_22173675.jpg
f0344554_22173497.jpg
ジジイ、山の話をしている場合ではありません。
私の観察対象、もとい、連れ合いの方が暴走しております。

写真を確認すると20:30頃には部屋に戻っていたようだ。
実に聞き分けの良い素晴らしいパーティーでは無いか。

そういえば、面白いことを思い出した。
部屋に戻るなりともちゃんが荷物をガサゴソとやっていた。
何をするのかと思いきや、なんとお風呂に入りに行こうとしていたようだ。
ともちゃん...冬はお風呂ないんだよ...。
シャンプーとリンスのセットを持って大笑いしている観察対象がちょっと恐かった。

その後部屋にやってきたT氏の「酷かったっすね。」「あんまり騒ぐと周りから苦情がきますわ。」の冷静な言葉が記憶に鮮明だ。
ところで目的通り、豆はぶつけられたんだろうか。

ずいぶん遅くまで飲み続けていたと思う。




f0344554_22174056.jpg
薄暗い内に一度目を覚まし、Sくんに赤岳はどうするのかと訊ねてみた。
すると、「ガスが強いからもう少し様子を見る。」との返事があった。

これはつまり「登らない。」と言うことだ。
二度寝し目覚めると7:00を過ぎていた。



f0344554_22174052.jpg
というわけで皆揃って「おはようビール」である。



f0344554_22174183.jpg
8:17、掃除が始まるので部屋を追い出された出た。
硫黄岳に登らずに済んだ息子くんの足取りは軽い。
酒に感謝しろ



f0344554_22173980.jpg
Sくんと二人どんよりとした空を眺め、「これじゃあ、仕方なかったよね。」と自らの体たらくを正当化する。




f0344554_22174539.jpg
さて、我がパーティーの真の正義はS御夫婦だった。
彼等だけが唯一、当初の目的からブレること無くアイスを楽しむようだ。
あ、ジジイ達も予定通りの酒浸りか



f0344554_22174166.jpg
楽しんできてくだせぇ~。



f0344554_22174692.jpg
ジジイ&ともちゃん、きょんぼーは先行して下山することを決めたようだ。



f0344554_22174593.jpg
我々はS夫婦を乗せて帰るため彼等を待った。

息子くんは掃除の手伝いに精を出す。
ふなっしー代、そして駄目な大人達の分までしっかりと働いておくれ。



f0344554_22174473.jpg
f0344554_22174639.jpg
私は相変わらず働くT氏を撮り続け、掃除を終えた息子くんはスマホゲームで充実した時間を過ごす。



f0344554_22175187.jpg
再び外に出てみると二人が準備を終え、いよいよトライするところであった。
頑張ってね!



f0344554_22175156.jpg
f0344554_22175145.jpg
夫婦で同じ趣味をもっている彼等が羨ましい。
しばらく見学させて頂いた。



f0344554_22175045.jpg
良いもの貰っちゃたね。



f0344554_22175434.jpg
f0344554_21511016.jpg
数本登って体をほぐし、少し難易度の高いところへ移動するようだ。
頑張れ!我がパーティー最後の正義!




f0344554_22175569.jpg
f0344554_22175617.jpg
アイスにアックスを残したままぶら~ん。
結果は惨敗だったようだ。

でも楽しそうだったね。



f0344554_22175475.jpg
10:50、ここで先行下山組とはお別れとなった。

さらば私の観察対象。
今度こそ、登りに行きましょう!




f0344554_22175994.jpg
Sくんとラーメンを食べながらS夫婦を待った。
赤岳鉱泉の味噌ラーメンは妙に美味い。




f0344554_22180043.jpg
f0344554_22180080.jpg
12:15、呑んだくれた楽しかった赤岳鉱泉を後にする。
さらばT氏、また近い内に!




f0344554_22180116.jpg
ふなっしーが歩いてる...。



f0344554_22175964.jpg
息子くんが先頭を歩く。
使用されることの無かったSくんのヘルメットが哀しい...。




f0344554_22180452.jpg
f0344554_22180545.jpg
それにしても愉快な仲間達である。
笑いの絶えない下山は続く。



f0344554_22180591.jpg
下山したら温泉入って、みんなで御飯でも食べましょう。




f0344554_22180659.jpg
堰堤広場まで下りてくるとSくんが知り合いと再会し大喜びだった。

彼はこの翌週、無事に人生初となるの厳冬期赤岳登頂を果たしたそうである。
登頂おめでとう!



f0344554_22180407.jpg
f0344554_22180916.jpg
f0344554_22181059.jpg
f0344554_22181064.jpg
先行組みに追いつくのではないかと思うほどの早いペースで下りてきた。
下山家の息子くんは元気いっぱいだ。




f0344554_22181106.jpg
f0344554_22180902.jpg
13:30、赤岳山荘で野沢菜を二束買った。
おばちゃん手作りの冬季限定、いつものお楽しみである。




f0344554_22181514.jpg
ここまで来てしまえば、美濃戸口まではあと僅か。




f0344554_22181681.jpg
ふなっしーを抱いてゴールすることに決めたようだ。



f0344554_22181685.jpg
f0344554_22181459.jpg
14:05、下山完了。

我々より90分程早く先行して歩き始めた下山組みとは、その後の温泉で再会となった。
殆ど距離は離れていなかったようだ。なんて遅さだ
その後は渋滞に捕まることも無く、無事八王子に到着、皆で食事をして解散となった。


たま~には、こんなイベントも良いもんだ。
しかし彼等との計画は、端から山抜きで企画したほうが良いのだろう。
山道具が減った分、ビールを担ぐんだろうけど...。

今回はとうとう山に登ることは無かったが、良く飲んで笑いまくった素晴らしい二日間だった。
今でも息子くんの枕元には、ふなっしーが寝転がっている。
これを見る度、あの日の赤岳鉱泉と皆の笑顔を懐かしく思い出している私である。



おしまい。


今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。

↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2017-07-26 22:24 | 登山 2017 | Comments(2)
Commented by sen230727 at 2017-07-28 14:15
酒池肉林の正しい意味を確認いたしました。女性絡みと思っていたのは私だけでしょうか?
本来の目的から外れてでは無く、二つの目的の片方が天候不良で断念したと解釈致します。
写真を見て思い出すのは、沖縄宮古島の宴会の風習【オトーリ】を思い出します。(ご存じなければ
今度再会した際に経験談を)9月の南北アルプス縦走登山に向け準備に入っていますが、思うように
体重減らず、顕著に脚力は退化していると感じています。禁酒をせずに8月一杯訓練して行くぞ!
Commented by yama-nobori at 2017-08-13 20:58
> sen230727さん

9月の再会を楽しみにしています!
金曜日、もしくは月曜日に休むようにして、ちょっと変なところから赤石に向かいます!
避難小屋でガッツリやりましょう!!(^^)
積もる山話が楽しみです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 登れなかった山日和@諏訪湖~松... 酒池肉林①@赤岳鉱泉 2017... >>