息子くんと行く日光観光②@男体山 2016.08.12(金)~14(日)



f0344554_21115230.jpg
男体山(なんたいさん)は、栃木県日光市にある標高2,486mの火山である。
美しい円錐形の特徴的な山容を有し、中禅寺湖北岸に裾野を広げそびえ立つ姿は実に雄大だ。
山自体が信仰の対象となっており、山頂には日光二荒山神社の奥宮が祀られている
対岸の半月山からの眺めが私のお薦めである。





f0344554_21134180.jpg
日光白根山登頂後にやって来たのは、同じ日光連山に属する男体山の登山口となる中宮祠(日光二荒山神社)である。

日光白根山の記事へはこちらからどうぞ。


f0344554_21135102.jpg
爽やかな朝の中禅寺湖畔でモーニングティーを飲み朝食をとった。
場所が道端であることを除けば、やっていることは金持ちと同じである。


f0344554_21135656.jpg
優雅にポリタンクの水で顔を洗ったら、さあ出発だ。


f0344554_21135943.jpg
中宮祠の上に、円錐形の山体がガツンと立っている。
山頂との標高差は1201mあるので、それなりの体力が必要になるだろう。


f0344554_21140300.jpg
f0344554_21140369.jpg
f0344554_21140262.jpg
f0344554_21141247.jpg
男体山は二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の所有地であるため、遙拝所で入山料を払う。



f0344554_21141363.jpg
f0344554_21141334.jpg
06:25、安全登山のお参りを済ませていざ出発。


f0344554_21141256.jpg
f0344554_21141695.jpg
f0344554_21141750.jpg
一合目から三合目までは森の中を進む。


f0344554_21141717.jpg
f0344554_21141844.jpg
まだ時間が早いからだろうか、他に登山者はおらず、静かな杜が美しく幻想的だった



f0344554_21141508.jpg
登山者が多いからだろう、登山道が流出しており足元が滑りやい。
殆どジグを切らずに一直線につけられた急登の登山道がかなり本格的である。

登り始め早々から、下山が心配だなぁと息子くんが何度もつぶやいた。



f0344554_21142356.jpg
いきなりまずまずの斜度があり汗が吹き出す。


f0344554_21142305.jpg
三合目から四合目までは塗装路を進む。
男体山登山に於いて、唯一斜度の緩む区間である。


f0344554_21142494.jpg
f0344554_21142347.jpg
f0344554_21142458.jpg

四合目の石鳥居前で休憩をとった。


f0344554_21142832.jpg
f0344554_21142917.jpg
f0344554_21142988.jpg
鳥居をくぐると六合目まではやや荒れた登山道となる。



f0344554_21143052.jpg
f0344554_21142736.jpg
f0344554_21143129.jpg
f0344554_21143261.jpg
整備の行き届いた観光地をイメージしていたので、この悪路には正直驚いた。



f0344554_21143323.jpg
f0344554_21143419.jpg
f0344554_21143184.jpg
f0344554_21143874.jpg
六合目から八合目までは岩場となる。
本格的な岩場が続き斜度も強い。


f0344554_21143866.jpg
f0344554_21143928.jpg
安易に観光地気分で登るのは避けたほうが良いだろう。


f0344554_21143976.jpg
f0344554_21143771.jpg
f0344554_21144392.jpg
8:43、七合目で大休止をとった。


f0344554_21144415.jpg
f0344554_21144412.jpg
f0344554_21144579.jpg
強い斜度はなおも続く。


f0344554_21144257.jpg
f0344554_21145034.jpg
f0344554_21145069.jpg
f0344554_21145142.jpg
9:20、八合目到着。



f0344554_21145235.jpg
f0344554_21145883.jpg
f0344554_21144960.jpg
八合目から九合目はある程度整備された登山道となる。
時折見える中禅寺湖が随分と低くなり、遠方が見渡せるようになっていた。



f0344554_21145917.jpg
f0344554_21145955.jpg
f0344554_21150030.jpg
f0344554_21145748.jpg
9:40、九合目通過。


f0344554_21150402.jpg
f0344554_21150419.jpg
f0344554_21150565.jpg
森林限界となり視界が広がった。


f0344554_21150588.jpg
f0344554_21150333.jpg
強いガスが少し残念ではあったが、疲れていた息子くんに元気が戻ってきた。
赤砂に足を取られながら登山道を進む。


f0344554_21150948.jpg
f0344554_21151002.jpg
やがて山頂とわかる鳥居が見えてきた。
するとダッシュを始める息子くん。

お~い!
登頂の瞬間を撮影させておくれよ~!


f0344554_21150923.jpg
10:05、「男体山」(2,486m)登頂。
かなり休憩したはずなのにCTを巻いていて驚いた。


f0344554_21151156.jpg
f0344554_21152055.jpg
f0344554_21152014.jpg
山頂は360度の素晴らしい展望がある。
霞が強く遠方を眺めることは出来なかったが、見下ろした中禅寺湖は美しく、女峰山・大真名子山・小真名子山が秀麗だった。

うん、昨日登った日光白根山はあっちにあるんだね。


f0344554_21151040.jpg
f0344554_21151521.jpg
f0344554_21151580.jpg
f0344554_21151670.jpg
定番スポットで写真を撮る。


f0344554_21151622.jpg
狭い足場が怖かったらしく腰が引けていた。


f0344554_21152079.jpg
観光地観光地と連呼していたので、息子くんは山頂でお土産物が買えると思っていたらしい。
少し離れた建物に向かってみるとそれは小さな社であり、お店では無かった。
見下ろした戦場ヶ原の景色が良いお土産となった。

f0344554_21152152.jpg
11:00、広い山頂を満喫し下山を開始する。


f0344554_21151946.jpg
f0344554_21152609.jpg
息子くんの下山は実に軽やかだ。
足場の悪い中、私と殆ど変わらぬ速度で着いてくる。



f0344554_21152773.jpg
往路では見つけることのできなかった「二合目」を発見し喜んだ。



f0344554_21152886.jpg
13:30、下山完了。


f0344554_21152933.jpg
登頂証明書を購入した。


f0344554_21152695.jpg
下山後は互いの修学旅行の思い出話と共にいろは坂を下り、温泉で汗を流した。



f0344554_21153374.jpg
さて、栃木と言えば外すことの出来ないソウルフードがある。
そう「正嗣」(まさし)の餃子だ。
しかしあろうことか売り切れで早くも店を閉めていた。



f0344554_21153348.jpg
傷心の我々はスーパーで食材を購入。
東照宮にほど近い道端を今夜の宿に決めた。
こんな行き当たりばったりの旅ができるのは車中泊ならではだ。



f0344554_21153265.jpg
初めて焼いた餃子は見事に失敗...。
誰にでも簡単に焼くことが出来るという謳い文句を恨んだが、でかいステーキは上手に焼くことができた。
栄養を無視した暴飲暴食が、実に楽しい宴会だった。

翌日は東照宮観光だと話すと、登山靴不要な本物の観光地に行けることを喜んでいた。
今日はよく頑張ったね。
おやすみなさい。



続きの記事へはこちらからどうぞ。

今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。


↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2017-03-08 20:42 | 登山 2016 | Comments(4)
Commented by sen230727 at 2017-03-09 21:02
息子さん、日光白根山に続きこの男体山頑張って登り終えましたね。この季節ですから、暑さが難敵でしたか?
好天であれば気になりませんでしたか?私は平成26年10月3日に登り終えましたが、紅葉の始まりでした。
頂上の【霊峰 男体山頂】の立派な看板はこの時なかったと思います?調理失敗したギョウザは廃棄したのでしょうか?そんな勿体ない事していないと思いますが!親子で修学旅行の思い出話をしながら山旅、うらやましい
限りです。
Commented by ねも at 2017-03-10 08:58 x
連日の日光名山の旅、晴天に恵まれて最高ですね。
2010年夏のわが家は、日光に来ましたが、戦場ヶ原をちょっと散策し東照宮を見物して引き揚げました。息子さんは山歩きがお好きなようで羨ましい!

昨年6月はあちこちでニアミスしているようです。当該記事に書き込みます。
Commented by yama-nobori at 2017-03-14 21:02
> sen230727さん

お返事またしても遅くなりました!
餃子はもちろん食べましたよw
食べ物とお酒は絶対に残しません!!
今年も車中泊しながら山旅の予定です。
でももう餃子は止めておきます(^^)/
Commented by yama-nobori at 2017-03-14 21:05
> ねもさん

えーっ!そんなにニアミスがありますか!w
好きな山域が似ているようですね(^^)
今年はキタダケソウも見たいし白峰三山も歩いてみたいと意気込んでいます。
親父としては嬉しい限りなので、白根南嶺を追加してやろうと思っていますw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 息子くんと行く日光観光③ 20... 息子くんと行く日光観光①@日光... >>