残雪の立山を満喫しました♪『休足日編』 2015.04.24(金)


f0344554_07461150.jpg

からの続きとなります。





f0344554_07453622.jpg
さて、この日は「休足日」です。
テントを撤収し、立山室堂山荘へ向かい、小屋での時間を満喫する予定です(^^)

特に急ぐ必要はありませんでしたが、「本来のチェックインは14:00ですが、12:00くらいから大丈夫ですよ~」と、おっしゃって下さっていたので、おおよそ、そんな感じで行動を開始します。

6:15、気温-8℃、快晴です。






f0344554_07453657.jpg
f0344554_07453631.jpg
お馴染みの場所から朝日が登ります。
この景色も今日が最後かと思うと名残惜しい感じ・・・。






f0344554_07453635.jpg
f0344554_07453684.jpg
テン場最後の食事はまたしてもキムチ鍋、〆は雑炊です。
これで持ってきていた生鮮食料は全て使い切りました(^^)






f0344554_07454298.jpg
食後はお酒を飲みながら、だらだらと撤収作業を行いました。






f0344554_07455045.jpg
9:50、快適だった雷鳥沢キャンプ場を後にします。





f0344554_07454283.jpg
さてさて、あれだけ持ち込んだアルコールや食料が減っているので、当然軽くなっているはずの私のザックですが・・・。
あれ?おかしいな?クソ重たいぞ(^^;

これが本当の力関係と言うものなのでしょうね(T_T)





f0344554_07454256.jpg
さて、ここ雷鳥沢キャンプ場はかなり下に位置しています。
当たり前の話ですが、室堂ターミナル近くにある立山室堂山荘に向かうには基本的に登りとなります。
まず最初にやってくる、この雷鳥沢ヒュッテ横の斜面に心が折れます(T_T)





f0344554_07454170.jpg
ううっ、、、いつ来てもここは辛い(T_T)
ましてや何故か重たいし・・・。ブツブツ





f0344554_07455611.jpg
f0344554_07455638.jpg
振り返ると、最初に登った奥大日岳や雷鳥沢キャンプ場が少しづづ遠ざかっていきます。
まあ、ゆっくり歩いて行きましょう(^^)






f0344554_07455608.jpg
K嬢がしきりにザックの写真を残しておけというので撮影してもらいました。
雨蓋は閉まらず、更に入りきらなかった鍋はザックの外で揺れています(T_T)






f0344554_07455797.jpg
それに引き換えK嬢さん?
ずいぶんスマートじゃありませんか?






f0344554_07455559.jpg
釈然としない感情が残りましたが、荷物が軽くなるわけでは無いので黙って先に進みます。
この日もほとんど人に会うことはありません。
連日晴れ続きですし、本当に良い時にやってきたもんです(^^)

みくりが池温泉の少し手前に差し掛かると、癒しの時が訪れました。
くそ重たい荷物を放り出してレンズを交換します。






f0344554_07460451.jpg
f0344554_07460454.jpg
いたいた(^^)
足に管理タグの付けられているペアの雷鳥です。






f0344554_07460421.jpg
f0344554_07460478.jpg
これにはK嬢も大喜びです(^^)
他に人もいないので、撮影しまくりです!






f0344554_07460326.jpg
f0344554_07461123.jpg
やっぱりメスは可愛いね(^^)






f0344554_07461195.jpg
f0344554_07461134.jpg
満足満足(^^)





f0344554_07461007.jpg
ふと見ると、ハイマツにたくさんの羽が落ちていました。
雷鳥は「幸せの鳥」とも呼ばれます。
こいつはラッキー!

あ、決して羽をむしって食べたりはしていませんからね(^^;
昔は良く食べたそうですけど。





f0344554_07461992.jpg
すっかりご機嫌のK嬢と、ザックの重たさで現実を思い出す私・・・。






f0344554_07461987.jpg
f0344554_07461998.jpg
みくりが池温泉まで登ってくると・・・おっさん達おじさま方が初日に見たペアにレンズを向けています。
ものすごい連写音だったので笑っちゃいました(笑)






f0344554_07461915.jpg
ホテル立山が見えてきました。
ここまでくれば、残りは平坦な道のりです。
回れ左して、立山室堂山荘を目指します。





f0344554_07462527.jpg
やっと見えたよ・・・。





f0344554_07462512.jpg
f0344554_07462555.jpg
f0344554_07462575.jpg
さあ、あと少し!!






f0344554_07462520.jpg
12:05、ようやく念願の立山室堂山荘に到着です。

ちなみに、立山室堂山荘は明治以降の神仏分離・廃仏毀釈の影響などにより民間に払い下げられた後の名称で、元々の名前は「室堂小屋」(むろどうこや)と言います。
室堂小屋(立山室堂)は日本最古の山小屋であり、1726年に立山信仰の登拝者のための宿泊所として建てられました。
現在は重要文化財として、室堂小屋南室が復元修復され、立山室堂山荘の横に現存しています。
右上の雪に埋没している建物がそれです。
内部にはなかなか興味深い展示品なども並べられているんですよ(^^)






f0344554_07463191.jpg
さて、そんな歴史を持つ立山室堂山荘ですが、現在は立派な宿泊施設です。






f0344554_07463234.jpg
f0344554_07463111.jpg
温泉・自販機・水洗トイレ、清潔なシーツが用意され、一般的な旅館にあるようなタオルと歯ブラシのセットが置かれています。
また、極力個室を用意する方針らしく、繁忙期以外は相部屋になる事は少ないそうです。
この日の宿泊費は、個室・2食付きで9,720円。
防寒+長靴さえもっていれば、残雪期であっても手ぶらで遊びに来ることが可能です。

あ、洗濯機は従業員専用です。
ね?K嬢(謎)






f0344554_07463202.jpg
乾燥室も昼間から動いています。





f0344554_07463809.jpg
f0344554_07463786.jpg
シュースは200円~300円、ビールは350mlが350円、500mlが500円。
とてもありがたいお値段です(^^)





f0344554_07463883.jpg
f0344554_07463878.jpg
スタッフさんは皆さん明るく親切。
施設内はどこもピカピカです。





f0344554_07463741.jpg
f0344554_07464302.jpg
f0344554_07464336.jpg
f0344554_07464401.jpg

この日の一番風呂をいただきます。
窓からは立山が見えていて最高の気分。
シャンプー・石鹸・ドライヤー完備です!!






f0344554_07464412.jpg
f0344554_07464339.jpg
エビスが飲めるなんて・・・(T_T)ウレシイ





f0344554_07465107.jpg
牛丼を注文しました。
1つを大盛りにしましたが、普通盛りでもかなりの量だったので、食べきるのに苦労しました(^^;
お味も最高でしたよ!!

さて、この時点で13:40、外は快晴ですがもう何にもしたくありません。
昼寝して、温泉入ってまた飲んで・・・これぞまさに休足日。
休肝日はありません





f0344554_07465149.jpg
夕食は、18:00~19:30の間に各自が食堂に向かうスタイルです。
夕日が見たかったので18:15、山荘の外に出てみました。

が、ちょっと雲が多くて残念。
それにしても人がいないなぁ・・・。






f0344554_07465154.jpg
f0344554_07465103.jpg
幻想的な太陽でした。
沈む夕日を眺めている時間なんて、日常生活ではなかなか持てませんよね。
とても良い時間でした(^^)






f0344554_07465195.jpg
さて、14:00頃にあれだけ食べて何もしていないのに、減るものは減ります(笑)
結局ご飯3杯、美味しくいただきました(^^)

さあ、明日は立山三山最後の一座「浄土山」に登り、その後下山する予定です。
最終日も楽しい一日になりますように。

おやすみなさい!


最終回『浄土山編』へと続きます・・・。



今回も最後までお読み頂きまして、大変ありがとうございました。


↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2015-04-28 09:23 | 登山 2015 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 残雪の立山を満喫しました♪『浄... 残雪の立山を満喫しました♪『立... >>