奥鬼怒の秘湯@日光澤温泉 2015.01.17(土)~18(日)



f0344554_16244938.jpg
日光沢温泉は、奥鬼怒温泉郷4湯(八丁の湯・加仁湯・日光沢・手白沢)のひとつです。
この地域は関東最後の秘境といわれ、日光国立公園内の鬼怒川源流域に位置しています。

ここは、以前からずっと訪れてみたいと願い続けていた秘湯中の秘湯です。
今回は、そんな憧れ続けて来た『日光沢温泉』へのスノーシューハイクレポとなります。






f0344554_15435029.jpg
当初、数名で予定していたこの企画でしたが、今回はK嬢との二人旅となりました。

この山奥深い駐車場にたどり着く手段は二つ。
一つは公共交通機関であるバスの利用、もう一つはマイカーでの移動となります。
とても雪深い地域の為、林道状態がとても不安でした。
行けるところまで進み、最悪は振り出しに戻ることも覚悟してアイスバーンの林道を走りました。

途中何度かお尻を振りながらも、日付が土曜日に変わる少し前、無事に女夫淵無料駐車場に到着することが出来ました。




f0344554_15435012.jpg
昨夜頑張って前入り出来たので、土曜日はゆっくりスタートです(^^)




f0344554_15435091.jpg
到着時に降っていなかった雪が明け方から降り始めたようです。
うっかり外に出しておいた靴が雪まみれになりました(^^;





f0344554_15435198.jpg
9:45、雪の降る中、女夫淵無料駐車場を後にします。
さあ、張り切って参りましょう~!




f0344554_15435076.jpg
f0344554_15435759.jpg
日光沢温泉へのルートは二通りあります。
一つは八丁の湯・加仁湯への送迎バスが走る林道経由。
もう一つは奥鬼怒遊歩道を2時間歩くルートです。

スノーシューハイクを楽しみにして来たので、ここは迷わず後者を選択します。




f0344554_15435736.jpg
こちらの階段、かなりの斜度がある上に雪で埋もれ、なかなかハードな状態でした。




f0344554_15435765.jpg
階段を登り切ると昨夜からの降雪によるものか、トレースが消えていました。
踏み抜くとかなり深くまで沈むのでスノーシューを装着。





f0344554_15435794.jpg
おそらくこっちであろうと思われる方向に進みます。




f0344554_15435601.jpg
f0344554_22205193.jpg
すると案内がありました。
えっと、この地図によると現在位置がここだから・・・

地図の「←」通り、「左」に進めばいいんだね!





f0344554_15440384.jpg
f0344554_15440309.jpg
除雪された林道を気持ちよく、ハイスピードで下っていきます。

でもかなり歩いた頃、あまりに林道が続くことに「?」と思い始めました。
遊歩道って除雪されてるの?んん?

そして何やら見覚えのあるものが見えてきました。
あ、、、スタート地点の看板だ(T_T)

たったいま気持よく降りてきた林道を登り返します。
たいした距離ではありませんでしたが、精神的なダメージが大きくとても疲れました。

林道を戻っていると「八丁の湯」の送迎バスが通りかかります。
一応この先の道順を確認してみると、、、またしても進もうとしていた方向とは違ったようです(^^;

運転手のおじさんが、わざわざバスから下り、正しい道へと案内して下さいました。
ここでこのおじさんに出会わなければ、遊歩道ではなく林道を歩き続けるところでした。
その節はご親切にありがとうございました。

うう、、、情けない。
すまん、K嬢(^^;



f0344554_15440350.jpg
そんなわけで、40分程ロスしてこの場所に戻ってきました(T_T)
マジマジと確認してみます。
K嬢もぶつぶつと文句を言っています(^^;




f0344554_15440391.jpg
よく見ると背後には遊歩道への案内がありました(^^;




f0344554_22234706.jpg
でもこの地図、せめて縦に貼り付けておいて欲しかったなぁ。

あ、ろくに地図を読まなかったお前が悪いって?
はい、ご尤もでございます(^^;




f0344554_15440239.jpg
この日はどうやら一番乗りのようです。
トレースはうっすらと残っているだけでした。

気を取り直して、10:45再びスタートです!




f0344554_15440974.jpg
と、いきなりコケるK嬢(笑)




f0344554_15440920.jpg
f0344554_15440995.jpg
吊橋への階段が雪で埋まって滑り台みたいでした。




f0344554_15440960.jpg

吊橋を渡るといよいよ本格的なスノーシューハイクの始まりです!
雪が凄いな・・・




f0344554_15441526.jpg
f0344554_15441566.jpg
うっすらと残ったトレースを追ったり、わざと外してみたりしながらスノーシューの感触を楽しみます。




f0344554_15441544.jpg
f0344554_15441570.jpg
ときおり完全にトレースが無くなったりもしますが、もう迷いません(笑)




f0344554_15441440.jpg
f0344554_15442182.jpg
綺麗な氷柱をゲットしてご満悦のK嬢。
ザックにも凶器が刺さっています(^^;




f0344554_15442148.jpg
f0344554_15442261.jpg
ずっと静かな二人だけのトレイルです。




f0344554_15442783.jpg
途中お腹が減ったので雪の椅子を作って鍋焼きうどんを食べました。




f0344554_15442232.jpg
f0344554_15442143.jpg
そしてK嬢が運んでくれた氷柱でロックを楽しみます(^^)
体がぽかぽかして美味しかったなぁ~。




f0344554_15442799.jpg
積雪期ならではのお楽しみですね(^^)





f0344554_15442731.jpg
この遊歩道には、目標物までの距離などを示す案内などは一切ありません。
ただただ先に進みます。





f0344554_15442667.jpg
そしてリスタートから2時間25分、奥鬼怒温泉郷4湯の一つ「八丁の湯」に到着しました。
あのご親切なおじさんに改めてお礼を言いたかったのですが、生憎いらっしゃらないようでした。

ここまでくれは目的地の日光沢温泉はもうすぐです。




f0344554_23103964.jpg
「八丁の湯」から10分で「加仁湯」に到着。




f0344554_15443304.jpg
加仁湯を過ぎたあたりから猛烈な風が襲ってきます。




f0344554_15443370.jpg
気温は-9℃と大幅に下がりました。




f0344554_15443320.jpg
でもK嬢は元気です(^^)




f0344554_15444157.jpg
そしてリスタートから3時間、本日のお宿「日光沢温泉」に到着です!!




f0344554_15444694.jpg
ずっと憧れていたこの玄関にようやくやって来ることが出来ました(^^)
嬉しいなぁ~。



f0344554_15444655.jpg
f0344554_15444601.jpg
受付を済ませたあとは早速お目当ての温泉に向かいます(^^)




f0344554_15444645.jpg
f0344554_15445230.jpg
内湯はこの2つ。
時間制入れ替えなのでどちらのお湯も楽しむことが出来ます。
しかも24時間入浴可能(^^)




f0344554_15445202.jpg
そして、なんと言っても露天風呂!




f0344554_15445251.jpg
f0344554_15445281.jpg
まさに雪見風呂。
最高のお湯を満喫することが出来ました(^^)/




f0344554_15445180.jpg
f0344554_15445718.jpg
温泉の後は少し館内をぶらぶら。
レトロな雰囲気が素敵です。




f0344554_15445732.jpg
f0344554_15445713.jpg
この日の宿泊客は我々を含め4名。
とても静かな時間が過ぎて行きました。




f0344554_15445761.jpg
f0344554_15445703.jpg
夕食までは時間がたっぷり。
持ち込んだお酒もたっぷりです(笑)



f0344554_08010752.jpg
f0344554_15450278.jpg
時間が経つにつれ外が吹雪始めました。




f0344554_15450310.jpg
f0344554_15450326.jpg
それでも旅館の中は快適そのもの。




f0344554_15451500.jpg
ゆったりとした、静かな時間が流れていきます。




f0344554_15451693.jpg
そして待ちに待った夕食の時間です。
御膳で用意された料理がとっても新鮮!
美味しかったなぁ(^^)

この日は宿泊客が少なかったので、薪ストーブのある談話室での夕食となりました。




f0344554_15451618.jpg
f0344554_15451546.jpg
外は相変わらず雪が降り続いていました。




f0344554_15452237.jpg
食後の後は久しぶりにオセロを楽しみました。
結果は・・・内緒です(笑)

その後は再び温泉と晩酌を楽しみました。




f0344554_15452296.jpg
冬季の朝食は7:30からです。
ご飯がとっても美味しくて3杯食べちゃいました。




f0344554_15452375.jpg
f0344554_15444680.jpg
さて、この日光沢温泉には温泉の他にも有名なことがあるのです!
それは看板犬「チャング・サンボ・わらび」三匹の存在(^^)
とても可愛いと評判なので、我々も逢うことを楽しみにしていたのですが未だ叶わず・・・。
到着時は、吹雪で裏手の小屋に避難していたようです。

帰路につく準備をある程度済ませた後、旅館の方にワンコ達のことを聞いてみます。

あ~あ、残念(T_T)
まだ寝てるんだって・・・。




f0344554_15452270.jpg
諦めて看板で記念撮影をしていると・・・




f0344554_12444952.jpg
なんと目覚めた一匹を連れてきてくれました\(^^)/
この子はチャング、サンボ・わらび達のお母さんです!




f0344554_15452839.jpg
f0344554_15452916.jpg
人懐っこく、とても可愛い(*^^*)




f0344554_15452905.jpg
f0344554_15453575.jpg
K嬢も大喜びでテンションマックスです(*^_^*)
小屋から出してもらえたことが嬉しいのか動きまわってなかなか写真が撮れませんでした(^^;



f0344554_15454090.jpg
ひとしきり遊んだ後、部屋へ荷物を取りに向かいます。




f0344554_15454012.jpg
f0344554_15454100.jpg
すると今度は一番下の男の子「わらび」の登場です!
元気いっぱいに走り回ります(^^)




f0344554_15454146.jpg
K嬢嬉しそう(*^_^*)



f0344554_15454082.jpg
f0344554_15454606.jpg
でも威嚇されてました(^^;




f0344554_15454680.jpg
最後には娘さんの「サンボ」も登場し、三匹のワンコ達に逢うことも出来ました(^^)

この子達に逢うために再訪される方も多いと聞きます。
私もまた遊びに来たいなと思いましたよ(^^)




f0344554_15454688.jpg
さて、楽しかった日光沢温泉を後にする時がやってきました。
昨夜から降り続いた雪は一晩で40cm積もったそうです。
余裕があればこの先の鬼怒沼湿原の見える辺りまでは行ってみようかと思っていましたが到底無理。
このまま帰ることとなりました。

往路はトレースが消えていると思われましたし、スノーシューと言えどもパウダーは疲れます。
よって、奥鬼怒遊歩道では無く、除雪された林道を歩くことにしました。

スノーシューからチェーンスパイクへと装備を変更します。




f0344554_15454777.jpg
f0344554_15454696.jpg
林道歩きも他愛の無い話をしながら歩くには丁度いい散歩道です。




f0344554_15455242.jpg
f0344554_15455244.jpg
標高が下がるにつれて空が明るくなってきました。
どうやら下界は晴れているようです。

天気を気にせずフィールドに出るのは久しぶりです。
こういう贅沢な時間を過ごすのもたまにはいいね(^^)




f0344554_15455325.jpg
f0344554_15455307.jpg
さあ次はどこに遊びに行きましょうか(^^)




f0344554_15455209.jpg
また戻って来られるといいなぁ。




f0344554_15460018.jpg
日光沢温泉を後にして2時間50分後の11:20、無事に駐車場まで戻って来ました。




f0344554_15460016.jpg
ところが無事ではなかったのはこの車。
カチコチに氷ついていてドアも開きません。
仕方なくお湯をかけて解錠(^^;

その後は、往路より積雪が増え更に難易度の増した林道を走り始めます。




f0344554_15460150.jpg
f0344554_15460068.jpg
走り始めると素晴らしい青空が広がり始めます。
ところどころ車を停めて写真を撮りたいなって思う風景にも出会いましたが、緊張する運転が続いていたので無理でした。



f0344554_15460765.jpg
f0344554_15455906.jpg
日光に戻ってからは地元でも有名な、たまり漬けのお店『上澤梅太郎商店』でお土産を物色。
こちらのお店、ほとんどの商品が試食可能でお茶やコーヒーまで飲むことが出来ます。
試食に寛大なので飲み放題&食べ放題です(笑)




f0344554_15460751.jpg
次に訪れたのは栃木のソウルフード、餃子の名店「正嗣」さん。

こちらは正真正銘の餃子専門店。
メニューにビールやご飯などは一切無く、あるのは「焼き餃子」と「水餃子」のみ。
潔くて格好いいなぁ(笑)




f0344554_15460711.jpg
こちらは「焼き」二人前。
一人前210円なり(^^)

表面はカリっとして、しっかりと味の付いた木目の細かい餡が詰まっています。
いくらでも食べられちゃう美味しさです!




f0344554_15460774.jpg
こちらは「水」。
お値段同じく210円ととってもリーズナブル。
味付けは、お好みで醤油、ラー油、お酢を入れて調整します。

この日も中途半端な時間であったにも関わらずほぼ満席状態が続き、テイクアウトもたくさん売れていました(^^)




f0344554_15460618.jpg
そしてこの日、最後に訪れたのが中禅寺湖です。

あまりに天気が良かったので軽い気持ちでドライブにやってきたのです。
ところが、「いろは坂」はかなりの積雪。
途中パトカーが何台もいてタイヤチェックらしきことをしていました。

向こうに見える山は日光白根山。
ここもいつか登ってみたい山の一つです。




f0344554_15460884.jpg
男体山もお見事でした\(^o^)/

さて、今回はかなりゆるゆるのスノーハイクになってしまいましたが、癒しの旅を満喫することが出来ました(^^)
大人時間をくれた雪の『日光沢温泉』、これから毎年の定番となりそうです!

さあ、この先は徐々にガッツリ系の雪山に向かいますよ!

今回も山友に感謝です!



おしまい。

↓励みになりますので、よろしかったら『ぽち』っとお願い致します(^^)/


by yama-nobori | 2015-01-20 12:29 | 登山 2015 | Comments(3)
Commented by sugishoo at 2015-01-20 21:53
こんばんは、ゆたかさん
今回は秘湯巡りとは洒落てるんじゃ〜ないですか!
夏の遊歩道にあんなに積雪があるんですか?
それにしても奥鬼怒温泉郷の各旅館は
冬期営業で採算取れますかね?
Commented by yama-nobori at 2015-01-22 15:54
sugishooさん、こんにちは!

秘湯の雪見風呂は素晴らしかったです(^^)
あんなにのんびりと静かに過ごしたのは久しぶりだったんじゃないかなぁ・・・。
冬季の採算はなかなか厳しいでしょうね。
客としては最高なんですけどね(^^;
Commented by ねも at 2017-03-07 23:06 x
あちらへのレスありがとうございます。
失礼しました。息子さんは中学生か小6か迷ったのですが、父上と一緒してくれるので、まだ小学生かと。中2でも付き合ってくれるとは将来有望じゃないですか!

またまたK嬢と楽しそうです。このあたりはまさに秘境って感じですね。私は4年前の初夏に歩きました。
初日は中禅寺湖南側の社山-黒檜岳、2日目に金精峠から温泉ヶ岳-根名草山を経て日光澤温泉、最終日は奥鬼怒湿原に。軟弱な私にしてはよく歩いたものです。
シャクナゲやシロヤシオがきれいでしたが、温泉ヶ岳-根名草山あたりは残雪が多くて、ほとんど無雪期しか歩かない私は往生しました。非常に思い出深い山旅です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 光り輝く蒼と白銀の世界@北八ヶ... シモバシラmission co... >>